上白石萌音は長身、千葉雄大はマッチョになりたい!願望告白

上白石萌音は長身、千葉雄大はマッチョになりたい!願望告白

願望を明かした上白石&千葉

 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台あいさつが16日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、声優を務めた上白石萌音と千葉雄大、日野晃博監督が出席。「妖怪になったら?」の願望を語るコーナーで、上白石は「長身」、千葉は「マッチョ」と憧れを語った。

 本作はゲームやアニメなどで人気の高い「妖怪ウォッチ」シリーズの劇場版第4弾。これまでの時代から30年後の世界を舞台に、妖怪ウイルスの増殖により人類存続の危機が訪れた中、新たに妖怪ウォッチに選ばれし者が活躍する様を描く。

 この日は劇中に登場する人気妖怪・ジバニャンの、30年後版の着ぐるみも登場。ファンの温かい拍手で迎えられたものの、シリーズ原案者でもある日野監督は「最初発表された時は相当評判が微妙でしたけどね……」と苦笑い。すかさずジバニャンが「いやいや、俺様はかわいい担当ニャ」と低音ボイスでツッコむなど軽快なトークで会場を笑いに包んだ。

 そんなジバニャンの30年後の姿に、ナツメの声を演じた上白石は「30年も経てば色々な事が変わるんだなと。ケータ君の娘が主人公という事もありますし、ジバニャンの声も渋くなっていて驚きました。わたしはすごく好きですね」とお気に入りの様子。ジバニャンが「声変わりしたニャ」と説明すると、トウマの声を務めた千葉も「声変わりしてダンディーでかっこいいジバニャンを見れて良かったです。(これまでは)ギャグ要素が強い印象だったけど、今回は大人の僕でも声を出してびっくりしてしまうシーンもあって、大人も楽しめるストーリーになって、面白かったです」と振り返った。

 また、劇中の妖怪たちは人間の性格や思いが反映されている事にちなんで、それぞれ自身のなりたい妖怪像も紹介。上白石は「すごく背が高くてずーっとしゃべってる妖怪だと思います」と願望を告白し、「背が伸びたい願望があるけど現世では無理なので、妖怪になったらたら高くなるんじゃないかなと思います。ずっとしゃべってるのは今のわたしで、黙らないんです。しゃべっているか歌っているかなので、とりつかれたら大変だと思います」とおっとりしたイメージとのギャップも吐露。

 一方、千葉は「何も筋トレしていなくても腹筋が割れている人いるじゃないですか。それに憧れています。産まれてから腹筋が割れた事がないので、いいなって」と話し、「バキバキ妖怪」とマッチョへの憧れを紹介。MCから「鍛えたりはされないんですか?」と問われると、「たまに……ご想像にお任せします」と話していた。(取材・文:中村好伸)

『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は全国公開中

関連記事(外部サイト)