外国語映画賞、次に進む9作品決まる『湯を沸かすほどの熱い愛』入らず【第90回アカデミー賞】

外国語映画賞、次に進む9作品決まる『湯を沸かすほどの熱い愛』入らず【第90回アカデミー賞】

日本では今週末公開!セネガル発!『わたしは、幸福(フェリシテ)』 - (C) ANDOLFI - GRANIT FILMS - CINEKAP - NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017

 映画芸術科学アカデミーは14日(現地時間)、第90回アカデミー賞外国語映画賞の選考において次の段階に進む9作品を発表した。日本代表としてエントリーされていた中野量太監督の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は選ばれなかった。

選ばれた9作品は以下の通り。
『ナチュラルウーマン』(チリ)
『女は二度決断する』(ドイツ)
『オン・ボディ・アンド・ソール(英題) / On Body and Soul』(ハンガリー)
『フォックストロット(原題) / Foxtrot』(イスラエル)
『ジ・インサルト(原題) / The Insult』(レバノン)
『ラブレス(英題) / Loveless』(ロシア)
『わたしは、幸福(フェリシテ)』(セネガル)
『ザ・ワウンド(英題) / The Wound』(南アフリカ共和国)
『ザ・スクエア(原題) / The Square』(スウェーデン)

 第90回アカデミー賞外国語映画賞の選考は2段階に分けて選考される。まずロサンゼルスに拠点を置くアカデミー会員がエントリーされた作品を鑑賞。そこで選出された6作品に外国語映画賞のエグゼクティブ委員会が選んだ3作品が加えられて、今回の9作品のリストが作成された。

 この9作品を、ロサンゼルスとロサンゼルス以外のアメリカの都市に住むアカデミー会員と海外のアカデミー会員の中から選抜された人たちが9本すべてを鑑賞し、2018年1月23日のノミネーション発表を迎えることとなる。今年の授賞式は2018年3月4日に行われる(どちらも現地時間)。(編集部・海江田宗)

関連記事(外部サイト)