ディズニー、デッドプールR指定のままに!CEO宣言

ディズニー、デッドプールR指定のままに!CEO宣言

米ディズニーCEOの心もつかんだ?デッドプール - Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ディズニーがR指定作品にも取り組むようだ。ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼最高経営責任者(CEO)のボブ・アイガー氏は、買収した21世紀フォックスの人気ヒーロー映画『デッドプール』シリーズをR指定路線のまま続けていくことを明言した。The Hollywood Reporter が報じている。

 R指定を前提に、過激な暴力と下品なジョークを目玉にして大ヒットを飛ばしたマーベルコミックス原作の『デッドプール』だが、フォックス買収後、家族で観られる大作に力を入れてきたディズニーの下ではその過激さが失われるのではないかと、ファンの間で不安が広がっていた。実際、アイガー氏は2016年の株主総会で、『デッドプール』の成功について聞かれ、ディズニーでは「R指定のマーベル映画を作る予定はない」と発言したこともあった。

 しかし今回、アイガー氏は「デッドプールは明らかにマーベル作品でしたし、これからもそうでしょう。デッドプールのような作品のために、マーベルのR指定ブランドをつくる機会があるかもしれない」と見解を示し、「みなさんにこれからのことについてお知らせできる限りでは、私たちはうまくやっていけると思っています」とR指定作品にも取り組んでいく姿勢であることを語った。

 フォックスは『デッドプール』の成功をきっかけに、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリン役を引退した『LOGAN/ローガン』でもR指定路線を取り、批評的にも興行的にも優れた結果を残していた。そういった流れを汲んでか、ディズニーも柔軟に対応していくつもりのようだ。(編集部・石神恵美子)

関連記事(外部サイト)