広瀬すず『ちはやふる』完結編の主題歌にPerfume再び!

広瀬すず『ちはやふる』完結編の主題歌にPerfume再び!

右は原作者・末次由紀によるイラスト - (C) 2018映画「ちはやふる」製作委員 (C) 末次由紀/講談社

 映画『ちはやふる −結び−』(2018年3月17日公開)の主題歌を、『ちはやふる −上の句・下の句−』に引き続き、Perfumeが担当することが決定した。

 『ちはやふる』シリーズ3作目、完結編となる『−結び−』では、小泉徳宏監督が前作より続投し、広瀬すず、野村周平、新田真剣佑らキャストが再集結。さらに新キャストを迎え、高校三年最後の全国大会を目指す、瑞沢高校かるた部の忘れられない夏が映し出される。

 前作の主題歌「FLASH」に続き、本作を彩る楽曲はPerfumeの「無限未来」。主人公・千早たちの高校最後の夏を描くことから、小泉監督は「同じ花は二度と咲かないように、二度と戻ってくることはない“この一瞬”を表現した音楽を作ってほしい」とリクエスト。それに応えるかたちで「無限未来」が書き下ろされた。卒業への想いを連想させる歌詞や、競技かるたの動きを思わせるフレーズもあるとのことだ。

 この再タッグについて、Perfumeのあ〜ちゃんは「次回作をいちファンとして楽しみにしていたので、『次回も主題歌を』と言っていただいた時には、大好きな作品なので、本当に嬉しかったです」と喜び。いち早く作品を観た感想としては「印象的なシーンが多くて、『盛り込みすぎ! 泣かせすぎ!』という感じでした(笑)。友情も描かれていて、ただただ真っ直ぐな気持ちで一つのことを想い続ける人は強いな、と思いました。考えさせられるし、勇気ももらうことができて、いろんな気持ちになりました」とコメントしている。

 本作を鑑賞した際に初めて主題歌を聞いたという広瀬は、「なんて素敵なんだろうと思いました」「聞いた瞬間に一気に涙が出てきて、『ちはやふる』の色や繊細さが主題歌から感じられて、感無量でした」と感激した様子。作品についても「必ず最高の青春映画を届けられると思います。三部作の中でも、一番苦しく、切なく、愛おしい一本になりました。宝物です」と強い思い入れを明かした。(編集部・小山美咲)

関連記事(外部サイト)