VR映画を映画館で!新しい試みがスタート

VR映画を映画館で!新しい試みがスタート

画像はイメージ - iStock / Getty Images

 VAIO株式会社、東映株式会社、株式会社クラフターの3社が、VR(バーチャル・リアリティ)を映画館で鑑賞できる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を開始することを発表した。

 様々な分野で実用化が始まっているVR。VRを活用したゲームやアミューズメント施設は人気だが、基本的にユーザー個々の体験にとどまっていた。発表によれば、映画館施設を用いて、多くの人が同時鑑賞できる本格的VR映画の興行は世界初の試みとなるという。

 ハードウェア技術、劇場興行、コンテンツ制作に精通した3社が協力することで、映画館で気軽にVR映画を楽しめる環境を提供することを目指す。事業は、3社に閉じることなく、コンテンツ制作者や公開劇場を募り、2018年3月より試験営業を開始する予定。普及すれば、日本の映画興行にVR映画という新しい産業がもたらされる。

 初めのコンテンツには、人気IPアニメや人気アーティスト映像などを想定しているとのこと。試験営業での上映の具体的な内容等については、2月に明かされる見込み。(編集部・小山美咲)

関連記事(外部サイト)