優秀ロケーション賞!ウィル・スミス新作『ブライト』など

優秀ロケーション賞!ウィル・スミス新作『ブライト』など

ロケーション・チーム賞を受賞したウィル・スミス主演のNetflixオリジナル映画『ブライト』より - Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

 米カリフォルニア州をロケ地にして製作された優秀作品を表彰する2017年カリフォルニア・オン・ロケーション・アワード(COLA)が発表され、まだ未公開の映画『ア・リンクル・イン・タイム(原題) / A Wrinkle in Time』や、ウィル・スミスの新作『ブライト』などが受賞を果たした。

 同賞は映画だけでなく、テレビドラマ、コマーシャル、ミュージックビデオなどのロケーション・マネージャーとロケーション・チームにも賞を贈っている。

 今年、映画部門でロケーション・マネージャー賞を受賞した『ア・リンクル・イン・タイム(原題)』は、『アナと雪の女王』の監督・脚本のジェニファー・リーが児童文学「五次元世界のぼうけん」を脚色した作品。『グローリー/明日への行進』のエヴァ・デュヴァネイ監督がメガホンを取り、リース・ウィザースプーンやオプラ・ウィンフリーの出演で話題となっている。

 一方、ロケーション・チーム賞を獲得したのはウィル主演のNetflixオリジナル映画『ブライト』。人間、オーク、エルフなど、さまざまな種族が共存している“もう一つの世界”を舞台にしたファンタジー・アクション大作だ。主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

スタジオ映画
■ロケーション・マネージャー賞 
『ア・リンクル・イン・タイム(原題)』

■ロケーション・チーム賞 
『ブライト』

インディー映画
■ロケーション・マネージャー賞 
『サバービコン(原題) / Suburbicon』

■ロケーション・チーム賞 
『サンディ・ウェクスラー』

テレビドラマ(1時間作品)
■ロケーション・マネージャー賞 
「スノーフォール」

■ロケーション・チーム賞 
「スノーフォール」

テレビドラマ(30分作品)
■ロケーション・マネージャー賞 
「ブルックリン・ナイン-ナイン」

■ロケーション・チーム賞 
「Veep/ヴィープ」

関連記事(外部サイト)