『G.I.ジョー』『ミクロマン』2020年米公開!ハズブロユニバース始動か

『G.I.ジョー』『ミクロマン』2020年米公開!ハズブロユニバース始動か

『G.I.ジョー』新作は2020年全米公開!(画像は『G.I.ジョー バック2リベンジ』より) - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 米パラマウント・ピクチャーズが手掛けている『G.I.ジョー』の新作や「ミクロマン」映画化作品など、4作品の全米公開日が明らかになった。The Hollywood Reporter が報じている。

 人気フィギュアから派生した1980年代のテレビアニメをベースに、チャニング・テイタム主演で実写映画化した『G.I.ジョー』シリーズは、第2弾まで製作されている。そして今回、新作の全米公開日が2020年3月27日に決定した。しかしながら、それ以外の詳細は明らかになっておらず、シリーズ続編なのか、もしかするとリブート版とのうわさもでている。

 また、日本でもおなじみの玩具「ミクロマン」シリーズを題材にした新作映画は2020年10月16日公開に決定。同シリーズは1974年にタカラ(現・タカラトミー)から発売、その後さまざまなラインナップが展開され、1999年には「小さな巨人ミクロマン」としてテレビアニメ化されている。アメリカでは「マイクロノーツ」という名称で、人気を博している。

 そのほか、会話型ロールプレイングゲーム「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の映画化作品が2021年7月23日、ハズブロ関連でタイトルすら明かされていない作品が2021年10月1日全米公開予定となっている。「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が実写映画化されるのは今回が初めてではなく、ジェレミー・アイアンズ主演で2000年に公開された作品がある。

 2015年には、米パラマウントとハズブロの映画部門オールスパーク・ピクチャーズは“ハズブロ・シネマティック・ユニバース”とも言うべく、ハズブロの5つのキャラクターを一つの世界観の中で映画化するプロジェクトを進めていると報じられていた。そのユニバースでは、「G.I.ジョー」「ミクロマン」「Visionaries」「M.A.S.K.」「ROM」が映画化される予定で、すでに成功を収めている『トランスフォーマー』シリーズのように脚本家チームが設けられていたことも伝えられていた。キャストやスタッフなど詳細はまだまだベールに包まれているが、全米公開日が決定したことから、プロジェクトは今もなお進行しているようだ。(編集部・石神恵美子)

関連記事(外部サイト)