『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』1位!「はなのすきなうし」2位デビュー【全米ボックスオフィス考】

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』1位!「はなのすきなうし」2位デビュー【全米ボックスオフィス考】

特大のヒット! - 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より - (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 先週末(12月15日〜12月17日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が興行収入2億2,000万9,584ドル(約242億105万4,240円)を稼ぎ出し、断トツの首位デビューを果たした。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソン監督が手掛けた本作(エピソード8)は、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7)から始まった3部作の第2章。2億2,000万9,584ドル(約242億105万4,240円)というオープニング興収は、『フォースの覚醒』の興収2億4,796万6,675ドル(約272億7,633万4,250円)に次ぐ歴代2位の大記録だ。ジョンソン監督はその手腕を評価され、本作の公開前から「エピソード〜」として描かれてきたスカイウォーカーのサーガとは別物の、全く新しい『スター・ウォーズ』3部作のかじ取り役にも任命されている。

 2位には、児童書「はなのすきなうし」を3Dアニメーション映画化した『ファーディナンド(原題) / Ferdinand』が興収1,340万1,586ドル(約14億7,417万4,460円)で初登場。『アイス・エイジ』のブルースカイ・スタジオが手掛けたコメディードラマで、危険な獣と誤解され、闘牛場に送られてしまった優しい牛の姿を描く。初日の観客からの反応は上々で、3位のピクサー『リメンバー・ミー』と共に第75回ゴールデン・グローブ賞アニメーション作品賞にもノミネートされている。

 今週は、ヒュー・ジャックマン主演ミュージカル『グレイテスト・ショーマン』、ドウェイン・ジョンソン主演アドベンチャー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』、『ピッチ・パーフェクト』第3弾、マット・デイモン主演SFコメディードラマ『ダウンサイズ』など、大作が多数公開される。(編集部・市川遥)

12月15日〜12月17日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(初)『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
2(初)『ファーディナンド(原題) / Ferdinand』
3(1)『リメンバー・ミー』
4(3)『ワンダー(原題) / Wonder』
5(2)『ジャスティス・リーグ』
6(6)『ダディーズ・ホーム(原題) / Daddy's Home 2』
7(5)『マイティ・ソー バトルロイヤル』
8(4)『ザ・ディザスター・アーティスト(原題) / The Disaster Artist』
9(7)『オリエント急行殺人事件』
10(9)『レディー・バード(原題) / Lady Bird』

関連記事(外部サイト)