中島健人、知念侑李への愛が止まらない!

中島健人、知念侑李への愛が止まらない!

ヒロインの平祐奈

 ジャニーズの人気グループ Sexy Zone の中島健人が23日、都内で行われた映画『未成年だけどコドモじゃない』初日舞台あいさつに登壇し、共演した知念侑李(Hey! Say! JUMP)へのほとばしる愛をみせつけた。この日は、平祐奈、英勉監督も来場した。

 これまで、中島はメインキャストの平、知念と一緒に本作のプロモーション活動をしてきたが、この日は Hey! Say! JUMP のライブツアーのために名古屋入りしている知念が欠席。冒頭、英監督が「海老名五十鈴役をやりました」とあいさつしようとすると、「絶対的に違います! 確かにハンサムな部分はありますけど、“ねんちー”はもう少しコンパクトでカワイイ」と知念愛をのぞかせながらツッコんだ。

 その後、知念から「明日、舞台あいさつがある名古屋でお待ちしています」などというサプライズメッセージが届けられると、中島は「うれしい。感激です」と大喜び。さらに、20日に発売されたばかりの Hey! Say! JUMP のニューシングル「White Love」を自ら買いに行ったことを明かし、「通常盤を買ったら Hey! Say! JUMP のノートが付いていて超うれしくて」と目を輝かせる中島。そして、「メンバーのプロフィールも載っていて、あ〜山田(涼介)君とか東京出身なんだ……と改めて思って」とファン目線の感想を語り、ファンの笑いを誘っていた。

 本作は、水波風南の同名コミックを実写映画化したラブコメディー。学校一のイケメンで王子様的存在の尚(中島)、16歳の誕生日に尚と結婚した世間知らずのお嬢さま・香琳(平)、そんな彼女に思いを寄せる幼なじみの五十鈴(知念)。秘密の結婚からはじまる三人のドキドキいっぱいの三角関係を描く。

 主演を務めた中島は「オール“みせこど”スタッフ・キャストと、ずっとこの日まで走って来たので、この愛のバトンが皆様に渡ったことが幸せです」と感無量の様子。一方の平は「いよいよ公開の日が来てうれしいと同時にすごい緊張して、昨日は電車に乗り間違えちゃうし、シャンプーを2回しちゃうし、歯磨き粉で顔を洗おうとして、ずっとあたふたして大変でした」とキュートな失敗談を披露。そんな平に中島は「緊張してるの? 愛梨ちゃん」とプロモーション活動で毎回行っている、姉の名前と間違えるというテッパンネタをぶつけ、会場を沸かせていた。(取材:錦怜那)

映画『未成年だけどコドモじゃない』は全国公開中

関連記事(外部サイト)