松坂桃李、意外なダークサイドが明らかに!

松坂桃李、意外なダークサイドが明らかに!

ダークサイドを懺悔した松坂桃李

 俳優の松坂桃李が21日、都内で行われた映画『不能犯』完成披露試写会に登壇し、作品にちなんで「自身の愚かな考え」を告白し、意外なダークサイドを露呈させた。この日は、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督も来場した。

 松坂演じる主人公・宇相吹の決め台詞が「愚かだね、人間は」であることから、自身の過去の愚行を告白することになると、松坂は「行為というより『愚かな考え方をしてしまったわ〜』ということなんですけど」と切り出すと、渋谷区にある交差点を歩いていた時に、人の合間を縫う危険走行をしているスケートボーダーを見つけ、「危ないなー」と思うと同時に「転ばないかなー」と願ってしまい、その人が実際に転ぶと「はい転んだ。よっしゃー!」と心でガッツポーズをしたことを暴露。

 穏和なイメージの松坂の意外な一面に、「ワルッ!」(沢尻)「愚かというかワルイ」(間宮)という驚きの声があがると、松坂は「大丈夫かなと思うより先に、ほーら、そんな危ないことしてっから」と思う自分に「いかんな……」と感じたことも打ち明けると、「良くないですね。そういう感情は」と今ではすっかり反省している様子を見せた。

 本作は人気マンガを原作に、思い込みやマインドコントロールなど常識的に考えて実現が不可能な行為で人を殺す「不能犯」の宇相吹(松坂)と、唯一彼がコントロールできない女刑事・多田(沢尻)との攻防を描いた新感覚スリラーエンターテインメント。

 ダークヒーロー役に挑戦した松坂は「楽しかったです。僕の役どころは人間の欲や業にまみれた人たちを死に誘う立ち位置だったので『あなたもそちら側(死)に行ってしまうんですね』という瞬間に立ち会えると(宇相吹の)笑みがこぼれる気持ちがわかりました」と自分のダークな部分をくすぐる役どころに満足気。

 しかし、白石監督が「(宇相吹は)ここぞという時に現れるので、撮影現場では早く帰ることが多く、『あれ? 僕主人公だよな……』と漏らしていました」と松坂の不満を明かす。矢田も「俺、主役なのに早いな」とぼやいていたことをチクリ。さらに、白石監督から「でも完成版を見たらちゃんと主役になっていたでしょ?」と確認の言葉をもらうと、松坂は「すごい気にしている人みたいになっちゃってるから」と苦笑いしつつ、「こういう出方も新鮮だなと思いながら(撮影していましたよ)」と釈明していた。(取材:錦怜那)

『不能犯』は2018年2月1日より全国公開

関連記事(外部サイト)