国王×マーベルヒーロー!『ブラックパンサー』二面性描く新ポスター

国王×マーベルヒーロー!『ブラックパンサー』二面性描く新ポスター

マスクとスーツのデザインにも注目! - (C)Marvel Studios 2017

 映画『アベンジャーズ』シリーズのマーベルスタジオ最新作『ブラックパンサー』から、漆黒のマスクの奥で目を光らせる、2つの顔を持つ新ヒーローと、彼を取り囲む登場人物を描いたキャラクターポスターが公開された。

 アベンジャーズ同士の激突を描いた大ヒット作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でデビューした漆黒のヒーロー、ブラックパンサー。その正体は、超文明を誇るワカンダを治める国王ティ・チャラ。『シビル・ウォー』の戦いで父を失った彼が、新たな王として、世界を揺るがす国の秘密を守るために戦う姿を描く。

 監督は『クリード チャンプを継ぐ男』などのライアン・クーグラー。ブラックパンサーを『42 〜世界を変えた男〜』などのチャドウィック・ボーズマンが演じる。ブラックパンサーをアップで捉えた2枚のビジュアルは、彼の国王とヒーローという二面性を表現。真っ黒で見えにくかった、キャプテン・アメリカのシールドと同じ材質ヴィヴラニウム製スーツの細やかで芸術品のようなデザインにも目を見張る。

 また、ティ・チャラの元恋人でもあるワカンダ王国の女スパイ・ナキア(ルピタ・ニョンゴ)、ワカンダ王国の親衛隊のリーダー・オコエ(ダナイ・グリラ)、そして王位と国の秘密を狙う宿敵エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)ら主要キャラクターの姿も。彼らの織り成す人間ドラマへの期待も高まる。

 ブラックパンサーについて、プロデューサーのネイト・ムーアは「キャプテン・アメリカは、自分の意思に従って行動することができ、その結果は彼だけに返ってくるが、ブラックパンサーは、自分自身に責任があるだけではなく、国民全員への責任を背負っている」と語っている。「ヒーローとしてその時自分にとって正しいと思うことをやるのみならず、国民のために正しいと思うことをやらなくてはいけない」。マーベルが見せる新たなリーダー像にも注目だ。(編集部・入倉功一)

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国公開

関連記事(外部サイト)