痛烈な笑い!『フレンチアルプスで起きたこと』監督のパルムドール受賞作4月日本公開

痛烈な笑い!『フレンチアルプスで起きたこと』監督のパルムドール受賞作4月日本公開

猿に成り切るテリー・ノタリー - 映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』より - (c) 2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

 映画『フレンチアルプスで起きたこと』が国際的に評価されたスウェーデン人監督リューベン・オストルンドの新作にして、第70回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(原題:The Square)が2018年4月28日より日本公開されることが決まった。

 アート界で成功を手にしたエリート紳士・クリスティアンが、盗まれた財布と携帯電話を取り戻すために取った“バカみたいな行動”がもたらす思わぬ事態を描いたヒューマンドラマ。『フレンチアルプスで起きたこと』以上に皮肉が効いており、他者への無関心や欺瞞、階層間の断絶といった現代社会の問題を、痛烈な笑いたっぷりでエレガントに浮かび上がらせていく。

 タイトルの「ザ・スクエア」とは、現代アート美術館のキュレーターであるクリスティアンが手掛ける次なる展示の名前。この展示を通じて“他人を思いやる人間としての役割”を思い出してもらおうという試みなのだが、自分の理想通りに生きることは時に難しく……。オストルンド監督らしい細部までこだわられたビジュアルと構図にうっとりし、毒の効いた皮肉に大笑いさせられ、最後には深く考えさせられる美しい作品だ。

 パルムドール受賞以降も、ヨーロッパ映画賞で6冠に輝くなど映画祭を席巻中。ゴールデン・グローブ賞では外国語映画賞にノミネートされたほか、アカデミー賞の外国語映画部門でもスウェーデン代表に決まっている。出演はデンマーク人俳優クレス・バング、「MAD MEN マッドメン」のエリザベス・モス、『300 <スリーハンドレッド>』のドミニク・ウェスト、『猿の惑星』シリーズのテリー・ノタリーなど。(編集部・市川遥)

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』は2018年4月28日よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、立川シネマシティ他にて全国順次公開

関連記事(外部サイト)