松岡茉優、ドラマ共演・綾野剛の優しさに感謝「さすが先輩」

松岡茉優、ドラマ共演・綾野剛の優しさに感謝「さすが先輩」

すごい数の取材を受けたのだとか…

 女優の松岡茉優が23日、都内で行われた映画『勝手にふるえてろ』の初日舞台あいさつに出席。本作で映画初主演を果たしたが、公開までは取材に追われたといい、ドラマ「コウノドリ」で共演した綾野剛から「取材、大変だろう。初主演だし」と優しく声をかけてもらったエピソードを披露。「さすが先輩だなって」と綾野への感謝の気持ちを口にした。

 「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞した綿矢りさの同名小説を映画化した本作。松岡が主人公・ヨシカを、その2人の“彼氏”を、黒猫チェルシーの渡辺大知、若手俳優の北村匠海が演じる。壇上には松岡、渡辺、北村のほか、共演者の石橋杏奈、メガホンを取った大九明子監督も登壇。

 松岡は映画初主演について「8歳の時からはじめたんですけど14年目にして初主演映画。ここまで来られたのはみなさんのおかげです」とコメント。公開前取材を受けた媒体数は106に及んだといい、「雑誌やフリーペーパー、ネット媒体の方、それだけのライターや編集者さんがいてこの映画を観てくれたんだなって。ライターさんそれぞれ違った観方があって、いろんな方から公開前にこの映画の話を聞けたのはよかった」とにっこり。

 ドラマで共演した綾野から声をかけられた際は、「その時は60媒体目くらいだったんですけど、綾野さんは100媒体はいくなって、その数を当てられました。さすが先輩だなって」とうれしそうに紹介。「でも綾野さんは200媒体くらいの取材を受けたことがあるそうで、そこもさすがだなって思いました」と綾野へのリスペクトをあらわにした。

 最後は「私事ですが初主演映画の初日あいさつは今日だけ。何年かして素敵な女優さんになれた時に『あいつの初主演映画の初日に行ったよ』ってみなさんに自慢してもらえるよう、これからも頑張ってまいります」と語り、客席から拍手を浴びていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『勝手にふるえてろ』は全国公開中

関連記事(外部サイト)