プリキュア新作は、子供を守るお母さん!“子育て・おしごと”に多忙

人気アニメ『プリキュア』最新作のテーマは子育て テレビ朝日系で2月4日よりスタート

記事まとめ

  • 人気アニメ『プリキュア』の最新作で、子育てがテーマとして描かれることが判明した
  • 主人公・中学2年生の野乃はなが、空から降ってきた不思議な赤ちゃんを守る物語となる
  • 一番身近な母親こそ、女の子にとってヒロイン像を体現しているとの考えがあったという

プリキュア新作は、子供を守るお母さん!“子育て・おしごと”に多忙

プリキュア新作は、子供を守るお母さん!“子育て・おしごと”に多忙

新作「HUGっと!プリキュア」より - (C) ABC-A・東映アニメーション

 人気アニメ「プリキュア」シリーズ15作目として、2月より放送される最新作「HUGっと!プリキュア」で、“子供を守るお母さん”としてのプリキュアが描かれることが明らかになった。

 主人公は、大人のお姉さんを夢見る中学2年生の野乃はな。空から降ってきた不思議な赤ちゃん・はぐたんを守りたいという強い気持ちをきっかけに、はなは元気のプリキュア・キュアエールに変身。みんなの未来、そしてはぐたん、大切なものを守るためのキュアエールの物語が始まる。

 今作でプリキュアたちは、とても多忙。はぐたんの世話やワルモノたちとの戦い、おしごと体験も行う大忙しな毎日を“子供を守る母の愛”でポジティブに乗り切っていく。戦うヒロインを描いてきた同シリーズ。「一番身近な“お母さん”こそ女の子にとっての『つよく』『やさしく』『カッコイイ』ヒロイン像を体現しているのでは」という考えが、このコンセプトにつながったとABCアニメーションの梅田和沙プロデューサーは説明。

 その一方で、これまでのシリーズで描かれてきた友情、夢といったテーマも変わらず丁寧に描いていくとのこと。「プリキュア」は15周年という節目の年でもある。東映アニメーションの内藤圭祐プロデューサーは、「シリーズとしてこれまで大切にしてきた想いもしっかりと繋いで、15周年目ならではの仕掛けと、『HUGっと!プリキュア』ならではの可愛くてカッコいい『プリキュア』をお届けできるよう、スタッフ一同製作に全身全霊を捧げて参ります」と力を込めている。(編集部・小山美咲)

「HUGっと!プリキュア」はABC・テレビ朝日系にて2018年2月4日よりスタート 午前8:30〜9:00放送

関連記事(外部サイト)