チャットモンチー新曲!榮倉奈々&安田顕『妻ふり』主題歌書き下ろし

チャットモンチー新曲!榮倉奈々&安田顕『妻ふり』主題歌書き下ろし

妻の謎の行動の“秘密”とは…? - あわせて公開された新場面写真 - (C) 2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

 今年7月での解散を発表している人気バンド・チャットモンチーが、榮倉奈々&安田顕W主演映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)の主題歌を務めることが明らかになった。本作のために書き下ろした楽曲について、チャットモンチーは「作った曲には、私たちなりの死んだふりをつめこみました。愛すべき2人の自由さの余韻になれれば最高です」と語っている。

 2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問。インスパイア楽曲が制作されたり、コミックエッセイ化もされた伝説の質問を映画化した本作は、死んだふりをして夫を迎えるぶっとびキャラの妻・ちえ(榮倉)と、超フツーで冷静な夫・じゅん(安田)の日常をつづったハートフルコメディー。『神様はバリにいる』などの李闘士男監督がメガホンを取った。

 今回で4作目の映画タイアップとなるチャットモンチー。主人公夫婦の不器用な関係性や映画の優しい世界観に、純粋で真っ直ぐな想いを清々しく歌い上げる彼女たちの楽曲がピッタリとして、タイアップが実現した。「オファーを受けた時は、好きな出演者の方々で、しかもとても気になるタイトルで嬉しかったです」というチャットモンチーは、「どの死んだふりも面白くて可愛らしくて、人の家の中には自分の知らない宇宙が広がっているんだなあと感動しました」と本作が心に響いたようだ。

 楽曲タイトルなどは後日発表とのことだが、ハートフルな一曲になっているといい、主演の二人は「物語の最後に流れるチャットモンチーさんの澄んだ綺麗な歌声に包まれて、足取り軽やかに映画館を後にすることができるような気がします」(榮倉)、「曲中の“愛する君 自由な君”という言葉が、この映画のヒロインに、しっくりくるのではないでしょうか」(安田)と期待をあおっている。(編集部・吉田唯)

関連記事(外部サイト)