ジャニーズWEST・小瀧望、姉に抱きつかれても「放置です」

ジャニーズWEST・小瀧望、姉に抱きつかれても「放置です」

初主演映画公開の喜びを語った小瀧望

 ジャニーズWESTの小瀧望が3日、都内で行われた映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』の初日舞台あいさつに登壇し、ファミリーエピソードを披露中に、気になる発言でファンの笑いを誘った。この日は、黒島結菜、高杉真宙、川栄李奈、市川知宏、谷村美月、篠原哲雄監督も出席した。

 作品に因み、自分が主役だと感じた瞬間を質問された小瀧は「実家に帰ったときですかね。もう、家族から大人気なんですよ」と返答すると、「帰ったらまず、おかんがタタタッと走って出迎えて、リビングに入ったら親父があぐらをかきながら『おう、お帰り』って言って、仕事から帰った姉ちゃんが僕に抱きついて『お疲れ様』って言って、大人気なんです。みんなから甘えられるので家族の中で主役やなと思います」と説明した。

 なかでも、姉に対する反応が気になる様子のMCから「よしよしって感じなんですか?」と尋ねられた小瀧は「放置です。何にもしません。無です。なんかしたらややこしいんで」と気になる発言で会場の笑いを誘っていた。

 「潔く柔く」などの人気漫画家・いくえみ綾のコミックを基にした本作は、東京から札幌に引っ越した主人公・糸真(黒島)が、転校先で女子生徒たちが憧れるタイプの違うモテ男・弦(小瀧)と和央(高杉)に出会い、恋と友情の狭間で揺れながら、ラブストーリーのヒロインになろうと頑張る姿を描いた物語。

 映画初主演となった小瀧は「1年前に情報解禁されて、撮影に挑んで、1年越しに公開するわけですが、本当にこの日までドキドキワクワクして、感じたことのない達成感と爽快感に満ちあふれています」としみじみと語ると、「解き放たれた感じです!」と両手を広げて天を仰ぐポーズで、その充実ぶりを表現した。

 また、原作者のいくえみから「和央の再現度120%」と太鼓判を押された高杉は、「原作者は漫画の世界では神様なので、その方にそう言っていただけたのは嬉しいです」と喜びつつ、小瀧と一緒にいくえみに電話をして役づくりのヒントをもらったことを告白。小瀧は「(弦は)黒王子、(和央は)白王子みたいな言い方をしていたので、どういう意味かを聞いたりしました」と明かしていた。

 そうやって作り上げた本作に自信をのぞかせる小瀧は「キラキラしていて、ドキドキワクワク、ほろ苦くもあり甘酸っぱい青春がギュッと詰まったこの映画を日本中に、いや世界に届けていきたい」と力強く宣言していた。(取材:錦怜那)

映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』は全国公開中

関連記事(外部サイト)