ディカプリオとブラピが共演!タランティーノ新作『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ディカプリオとブラピが共演!タランティーノ新作『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

新作映画で共演するレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット - Dave J Hogan / Karwai Tang / WireImage / Getty Images

 レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが、『パルプ・フィクション』『キル・ビル』などを手掛けたクエンティン・タランティーノ監督の新作映画で共演することが明らかになった。

 Deadlineほか各メディアによると、映画の舞台は1969年のロサンゼルス。ディカプリオが演じるのは、かつて西部劇シリーズで人気を博した俳優リック・ダルトン。一方のブラッドは、リックのスタントダブルを長年務めてきた相棒のクリフ・ブースを演じる。すっかり落ち目となったリックとクリフだが、リックの隣人は絶大な人気を誇る女優シャロン・テートで……。再び名声を得るため彼女を利用しようとした2人が、カルト集団「マンソン・ファミリー」が実際に起こした「シャロン・テート殺害事件」に巻き込まれることになるようだ。

 タイトルは『Once Upon A Time In Hollywood(原題) / ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。巨匠セルジオ・レオーネの『ウエスタン』(原題:ONCE UPON A TIME IN THE WEST)や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』にオマージュを捧げた内容になるのか。

 声明で「この映画の脚本に5年をかけた。人生のほとんどの時間をロサンゼルスですごしてきた。映画の舞台になる1969年当時、僕は7歳だった」と明かしたタランティーノ監督は、「いまやもう存在しない、当時のLAの物語を語れることに興奮している。それに、リックとクリフ役のディカプリオとピットとチームを組めることを、とてつもなく幸運に感じているよ」としている。

 『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)ではディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)ではピットとタッグを組んでいるタランティーノ監督。どちらの映画も、その年のアカデミー賞で作品賞を含む主要部門にノミネートされた。セクハラ問題が明るみとなった大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインと袂を分かち、米ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメトと共に本作に取り掛かる。これまでワインスタインのセクハラを黙認していたことや、『キル・ビル』シリーズの主演女優ユマ・サーマンがパワハラ被害を告白したことなどからタランティーノ監督自身への批判も高まっており、賞レースの行方にも影響を与えることが予想される。(編集部・入倉功一)

関連記事(外部サイト)