田中麗奈、中国で受けた「おもてなし」振り返る

田中麗奈、中国で受けた「おもてなし」振り返る

「いまも楽しい思い出」を振り返った田中麗奈

 女優・田中麗奈が3日、東京・有楽町スバル座で行われた、台湾の俳優ワン・ポーチエと主演を務める日台合作映画『おもてなし』の初日舞台あいさつに出席、「観終わったときに、登場人物の人生のアルバムをめくっているような、日常の中で、誰かと出会うことは奇跡なんだと思える作品。これを撮ったジェイ・チャン監督って、本当にすごいと思いました」と熱い言葉で完成の喜びを口にした。この日は、共演の余貴美子、藤井美菜、ジェイ監督も登壇した。

 本作は、経営難に陥った琵琶湖の老舗旅館を舞台に、国籍やバックグラウントの異なる人々が人生の再生を目指し奮闘する姿を映すヒューマンドラマ。文化や歴史も異なり、過去への断ち切れない思いを抱える人々がぶつかりながら、次第に“おもてなし”の心を学び、再生に向かう姿をつづる。台湾出身、アメリカ育ちのジェイ監督がメガホンを取り、ワンやヤン・リエなど台湾の俳優陣や、韓国でも活躍中の藤井など、国際色豊かな出演者が集結した。

 本作のテーマ「おもてなし」にまつわるエピソードを尋ねられた田中は、以前ドラマ撮影で中国・大連に滞在した際に「中国の製作スタッフの女性が自宅に招待してくれて、餃子などの手作りの料理をテーブルいっぱいに広げてくれたことが、いまも楽しい思い出になっている」と述懐。すると余は、本作で、田中やジャッキー(ワン)が一緒に餃子を作って食べるシーンを思い出し「本当に美味しそうで、人物たちの距離がグッと縮まったいいシーンだった」としみじみ。トークで偶然生じた「おもてなし」と「餃子」の奇妙な関係に、会場からも笑いが漏れ、しばし和やかな雰囲気に包まれた。

 余が「『おもてなし』って、他人の幸せを自分の幸せと感じることでは。自分も、そういうことができる人になりたいと思います」と話すと、ジェイ監督も「『おもてなし』といっても、日本と台湾では少し違います。これを世界的に見たらどうか、世界に広がったらどうなるのか。そんなことを考えながら撮りました」とメッセージを送った。この日、本作が、今月19日より開催の「第42回香港国際映画祭」のオープニング作品に決定したことも発表された。(取材/岸田智)

映画『おもてなし』は公開中

関連記事(外部サイト)