辻一弘オスカー受賞!日本人初メイク・ヘアスタイリング賞【第90回アカデミー賞】

【第90回アカデミー賞】日本人アーティスト辻一弘氏がメイク・ヘアスタイリング賞受賞

記事まとめ

  • 第90回アカデミー賞授賞式が日本時間3月5日、米ロサンゼルスで開催された
  • 辻一弘氏が3度目10年ぶりのノミネートにしてメイク・ヘアスタイリング賞を初受賞した
  • 辻氏は『ウィンストン・チャーチル』で特殊メイクを担当、日本人の同部門受賞は初

辻一弘オスカー受賞!日本人初メイク・ヘアスタイリング賞【第90回アカデミー賞】

辻一弘オスカー受賞!日本人初メイク・ヘアスタイリング賞【第90回アカデミー賞】

日本人が快挙! 辻一弘さんが初オスカー!(ルーシー・シビック、辻一弘、デイビッド・マリノウスキ) - Kevin Winter / Getty Images

 第90回アカデミー賞授賞式が現地時間3月4日(日本時間3月5日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で主演ゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当した日本人アーティストの辻一弘が、3度目10年ぶりのノミネートにしてメイク・ヘアスタイリング賞を初受賞した。日本人が同部門を受賞するのはこれが初めて。

 本作は第2次世界大戦下のヨーロッパを舞台に、苦渋の選択を迫られるウィンストン・チャーチルの英国首相就任からダンケルクの戦いまでの27日間を描いた歴史ドラマ。『もしも昨日が選べたら』(2006)、『マッド・ファット・ワイフ』(2007)で2年連続の同部門ノミネートを経験していた辻だが、2012年に映画界を引退し、現代美術の分野へと転向していた。しかし、主演のゲイリーが辻なしではチャーチル役を引き受けられないと直々にオファーしたことで、映画界に復帰した。

 ゲイリーからの絶大な信頼を得ていた辻は、毎日およそ3時間半かかったという特殊メイクで、素顔ではチャーチルに似ても似つかないゲイリーを、丸顔でふくよかな体型のチャーチルに見事変身させた。その技量を高く評価され、辻は本作のメイクアップチームのデビッド・マリノフスキ&ルーシー・シビックとともに、2018年メイクアップアーティスト&ヘアスタイリスト組合賞など数多くの賞に輝いており、オスカー獲得も確実とされていた。

 ステージにあがった辻は、「まず最初に、心からゲイリーに感謝いたします。本当にこの素晴らしい旅をゲイリーとご一緒できてうれしいです」と第一声からゲイリーに感謝を告げる。それを観客席で聞いていたゲイリーも辻を見つめながらそのスピーチに聞き入っていた。「チーム全員に感謝いたします。キャスト及びスタッフは友人です。アカデミーのみなさん、ありがとうございます。全員にとって夢が叶いました」と感無量の面持ちで語った。(編集部・石神恵美子)

第90回アカデミー賞授賞式は3月5日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて放送中(夜9時よりリピート放送)

関連記事(外部サイト)