ゲイリー・オールドマン初主演男優賞!チャーチル首相役で驚異の変貌【第90回アカデミー賞】

ゲイリー・オールドマン初主演男優賞!チャーチル首相役で驚異の変貌【第90回アカデミー賞】

おめでとうございます!ゲイリー・オールドマンが初オスカー - Kevin Winter / Getty Images

 第90回アカデミー賞授賞式が現地時間3月4日(日本時間3月5日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』のゲイリー・オールドマン(59)が主演男優賞を受賞した。ゲイリーは『裏切りのサーカス』(2011)でも同賞にノミネートされたことはあったが、今回念願の初受賞となった。

 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は、首相としての葛藤と苦悩を抱えながらも、言葉で人々を奮い立たせたウィンストン・チャーチルにゲイリーがふんし、首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間を描いた歴史ドラマ。ほっそりとしているゲイリーが、日本人アーティスト・辻一弘らによる特殊メイクアップの力を借りて、ふくよかな外見のチャーチルに変身し、世間の話題に。また、外見のみならず、チャーチルの仕草やアクセントを習得し、“言葉の魔術師”とも呼ばれたチャーチルの約4分間にわたる演説を感動的に再現している。

 前哨戦にあたるゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞などでも賞に輝いており、本賞でも本命とみなされていた。しかし、先月に入って、1997年から2001年まで結婚していた3番目の元妻ドーニャ・フィオレンティーノがゲイリーから家庭内暴力を受けていたと告発。セクハラや男女差別撲滅を訴える「#TimesUp」運動が盛んな今、その告発がゲイリーにとって向かい風になるのではという見方もあったが、その影響を受けることなく、3月21日の還暦バースデーを目前にして、オスカー初獲得となった。辻ら本作のメイクアップチームもメイク・ヘアスタイリング賞に輝いている。

 オスカー像を受け取ったゲイリーは、声を震わせながら「私は深く感謝します。アカデミーのみなさん、このすばらしい賞を頂きましてありがとうございます。多くの人たちに感謝しています。長年アメリカに住んでいますが、愛情や友情を受けることができて本当にうれしく思います。いろいろな恵みをアメリカからいただきました。生活も家族も、いまやオスカーもいただきましたが、映画というのはものすごく力をもっています。南ロンドン出身の私としては映画で夢を感じることができました」と語り出し、ときおりオスカー像を見つめ、「夢を維持する上でもたくさんの人が助けてくれました。芸術に感謝、チャーチルも私にとって旅を与えてくれた」「母親に感謝。母は次の誕生日で99歳になります。ソファーの上からこれを見ています。お母さん愛していただきありがとうございます。持ち帰っていくから待っていてください」と感謝を伝え、笑顔でステージを後にした。
(編集部・石神恵美子)

第90回アカデミー賞授賞式は3月5日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて放送中(夜9時よりリピート放送)

関連記事(外部サイト)