監督賞はギレルモ・デル・トロ!『シェイプ・オブ・ウォーター』で初オスカー!【第90回アカデミー賞】

監督賞はギレルモ・デル・トロ!『シェイプ・オブ・ウォーター』で初オスカー!【第90回アカデミー賞】

ついにアカデミー賞受賞! ギレルモ・デル・トロ監督 - Kevin Winter / Getty Images

 現地時間4日、第90回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロが監督賞を受賞した。デル・トロにとって初のオスカーとなる。

 本作は1962年、米ソ冷戦時代のアメリカを舞台に、政府の極秘研究所の清掃員として働く声を失った女性イライザと、そこに捕らわれた不思議な生物が心を通わせる幻想的なラブストーリー。見た目や言葉、種族の違いを超越した愛を幻想的な映像で描き出し、昨年の第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝くなど、各国の映画祭を席巻。今回のオスカーでは作品賞をはじめ、最多13部門でノミネートされていた。

 メキシコ出身のデル・トロ監督は、1992年の『ミミック』でハリウッド進出。アカデミー賞脚本賞にノミネートされた『パンズ・ラビリンス』や『ヘルボーイ』シリーズなど、作家性とエンターテインメント性が見事に融合したファンタジー作品などで知られる。

 瞳に涙を浮かべ感激の面持ちで席を立ったデル・トロ監督は、ステージに向かう途中、自分と同じメキシコ出身の盟友アルフォンソ・キュアロンや、『リメンバー・ミー』の声を担当したガエル・ガルシア・ベルナルとハグ。壇上では、トランプ政権のもと分断が進むアメリカに呼び掛けるように「私は移民です。多くの皆さんと同じように。過去25年間、自分の国に住んでいました。僕の一部はここに。もう一部は他の国にあるんです。国境を越えて仕事をすることを、映画業界がさらに、進めていくべきだと思っています」と語ると、会場からは大きな拍手が送られた。。

 ハリウッドきってのオタク監督でもあり、日本文化への造詣も深い。その思いを色濃く反映して怪獣と巨大ロボットの戦いを描いた『パシフィック・リム』(2013)は日本でも熱狂的な支持を集めた。キャリアを通じて"異形"への愛を貫き続けており、『シェイプ・オブ・ウォーター』はそんなデル・トロ監督にとって、ひとつの集大成ともいえる一本だ。(編集部・入倉功一)

第90回アカデミー賞授賞式は3月5日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて放送中(夜9時よりリピート放送)

関連記事(外部サイト)