沢尻エリカと吉沢亮の泣き顔が美しすぎる!『猫は抱くもの』特報映像

沢尻エリカと吉沢亮の泣き顔が美しすぎる!『猫は抱くもの』特報映像

吉沢亮、美しいロシアンブルーの猫役! - (C) 2018「猫は抱くもの」製作委員会

 沢尻エリカと吉沢亮が出演する映画『猫は抱くもの』(6月23日公開)より、沢尻と吉沢が涙を流すシーンがおさめられた特報映像が公開された。

 元アイドルで現在はスーパーで働くアラサーの沙織(沢尻)と、自分が沙織の「人間」の恋人だと思い込んでいるロシアンブルーの猫・良男(吉沢)が互いに自分らしさを見つけるという本作。沢尻は2012年の映画『ヘルタースケルター』以来6年ぶりに映画主演を務め、映画『ジョゼと虎と魚たち』を監督した犬童一心がメガホンを取る。

 今回の特報映像では、アイドルとしてミニスカートの衣装で歌う沙織や、沙織が気になってしまう“ゴッホ”と呼ばれる画家の後藤(銀杏BOYZ・峯田和伸)と一緒に猫を追いかけて公園の坂を転がり落ちて笑い合う場面などが公開された。また、後藤の一言にこらえきれずに涙を流してしまう沙織と、静かに涙する良男の切なくも美しい横顔がお披露目となった。

 本作では、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロとして出演し、劇伴を担当。映像の後半から、劇中歌「マヨイガのうた」が流れ作品のイメージを膨らませる。(編集部・梅山富美子)

関連記事(外部サイト)