クリス・ヘムズワース主演!タリバンに挑んだ米軍騎馬隊の実話『ホース・ソルジャー』公開決定!

クリス・ヘムズワース主演!タリバンに挑んだ米軍騎馬隊の実話『ホース・ソルジャー』公開決定!

頼れる乗り物は馬だけ! 本当にあった実話の映画化に挑んだ『ホース・ソルジャー』 - (C) 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 映画『アベンジャーズ』シリーズのソー役で知られるクリス・ヘムズワース主演で、9.11同時多発テロの直後に、タリバンへの最初の反撃に志願したアメリカ軍特殊部隊員の実話を映画化した『ホース・ソルジャー』が5月4日に日本公開されることが決定した。

 本作で描かれるのは、2001年9月11日の翌日、対テロ戦争の最前線部隊に志願したミッチ・ネルソン大尉(クリス)をはじめとする、12人のアメリカ陸軍特殊部隊員たちの戦い。ミッチたちは、反タリバンの地元勢力を率いる将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフの制圧を目指すはずだったが、現地に着いてみると、敵の数は予想をはるかに上回る5万人と判明。さらに、険しい山岳地帯を移動する手段は、ほとんどの隊員が乗った経験のない馬のみ。現代装備に身を包んだ、即席の“騎馬隊”として決死の戦いに赴くことになる。

 12人の隊員役には、クリスのほかにも実力派スターが集結。ミッチの腹心の部下役に『マン・オブ・スティール』のゾッド将軍役でも知られるマイケル・シャノン。そのほか『アントマン』のマイケル・ペーニャ、『ムーンライト』で主演を務めたトレヴァンテ・ローズらが脇を固める。

 公開された場面写真には、最新の装備で身を固め、爆分の中を馬で駆け抜ける兵士たちの姿が。圧倒的に不利な状況で、彼らはどんな戦いを繰り広げるのか。原作は作家ダグ・スタントンのノンフィクションで、『パイレーツ・オブ・カリビアン』『アルマゲドン』『ブラックホーク・ダウン』などのヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーがプロデュース。コソボ紛争を追った報道写真家の経歴を持つニコライ・フルシー監督が切り取る戦場の描写にも注目だ。(編集部・入倉功一)

映画『ホース・ソルジャー』は5月4日より全国公開

関連記事(外部サイト)