有村架純主演!波瑠、石田ゆり子、吉田羊ら新作映画に集結

有村架純主演!波瑠、石田ゆり子、吉田羊ら新作映画に集結

一挙発表! - (C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

 「本屋大賞2017」にノミネートされた川口俊和の小説「コーヒーが冷めないうちに」が有村架純主演で実写映画化されることが発表された。健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜といった若手実力派のほか、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子らが共演者として名を連ねている。

 原作は、古き良き昭和の時代から続く喫茶店を舞台に、そこに集う人々が巡り合う奇跡をつづった川口のデビュー作。続刊「この嘘がばれないうちに」とあわせて、シリーズ累計発行部数は84万部を超えている。

 有村が演じるのは従兄が経営する喫茶店「フニクリフニクラ」で働く心優しい主人公・時田数。「フニクリフニクラ」には店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという都市伝説がある。「お願いします、あの日に戻らせてください」と喫茶店には様々な客や常連客がやってくる。

 その顔ぶれは、噂を怪しみながらもやってきた三十路前のキャリアウーマン・清川二美子(波瑠)、なにか訳ありそうな常連客の高竹佳代(薬師丸)と房木康徳(松重)、なぜか妹から逃げ回る平井八絵子(吉田)、過去に戻れる席にいつも座っている先客・謎の女(石田)、数に想いを寄せはじめる新谷亮介(健太郎)。過去に戻れるコーヒーを唯一淹れることができる数も、亮介に導かれて自分自身の秘められた過去に向き合っていく。

 タイムスリップの引き金となるコーヒーを淹れることのできる数について有村は「普通にしてどこか孤独な掴みどころのない女性」とコメント。「自分にしかできない自分の仕事を、彼女はどう感じているのか、人々の人生に触れるたび、自問自答しながら彼女の瞳の奥にあるものが見えるように、繊細に紡いでいければいいなと思います」とし、「素晴らしい役者の皆さんと影響し合い、素敵な作品となるよう、頑張ります」と意気込みを語っている。放送中の石原さとみ主演のドラマ「アンナチュラル」で演出を務めている塚原あゆ子がメガホンを取る。(編集部・海江田宗)

映画『コーヒーが冷めないうちに』は9月21日より公開

関連記事(外部サイト)