広瀬すず、『ちはやふる』笑顔で卒業!寂しさ通り越し「気持ちいい」

広瀬すず、『ちはやふる』笑顔で卒業!寂しさ通り越し「気持ちいい」

『ちはやふる』を卒業! 新田真剣佑、広瀬すず、野村周平

 女優の広瀬すずが17日、都内で行われた映画『ちはやふる −結び−』初日舞台あいさつに登壇し、本作によって、女優業にやりがいを見出すことができたことを明かした。

 本作は、末次由紀の人気コミックを実写映画化した『ちはやふる』シリーズの完結編。高校3年生になった千早(広瀬)たち瑞沢高校かるた部が、日本一を目指して、最後の戦いに挑むさまが描かれる。

 1作目の公開から2年。3作目で完結となる本作に、座長を務めあげた広瀬は感無量の面持ち。前作が初主演映画だったこともあり、「初というものがなくなっていく中で、こうして今も初主演映画の公開が残っていたこと」に感慨をにじませると、「私にとっては宝物のような作品、仲間に出会えたと思います」と素直な思いを打ち明けた。

 この日は、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、優希美青、佐野勇斗、清原果耶、松岡茉優、賀来賢人、小泉徳宏監督も来場し、卒業式が実施され、小泉監督が一人一人に卒業証書を授与。1作目では16歳だった広瀬も、二十歳になろうとしており、小泉監督は「これからレジェンド女優になるであろう初期のあなたと、このタイミングで出会い、主演映画を3本も撮れたことは俺の誇り。運命だとも思います」と喜びながらも、「誰もが驚くような才能や直観力を持っていて、それだけである程度まで突っ走れるところ」があるが故に「いつか壁にぶつかるかもしれない」と心配する場面も。しかし、「そんな時はこの作品を観て、初心に戻ってほしい」と呼び掛けた。

 その言葉をしっかり胸に受け止めた広瀬は、小泉監督に抱きついて感謝。「寂しいを通り過ぎて、ある意味とても気持ちがいいです」と語ると、本作を通して「何となくはじめていた仕事に、やりたいことが見つかった! と思える瞬間があった」ことや、「役を通り越して、ここにいるみなさんと本当の仲間になれたことが自分の支えになっています」と告白。そして、「3年間の私たちのすべてをかけたつもりです。本当にこの作品が大好きです。自信を持ってお届けできる映画になりました。手の届かないところまで、この映画が広がっていったらいいな」と期待を込めた。(取材:錦怜那)

映画『ちはやふる −結び−』は全国公開中

関連記事(外部サイト)