成田凌、初日を伝説にしたい!全てをささげた新作に自信

成田凌、初日を伝説にしたい!全てをささげた新作に自信

それぞれの思いが詰まった新作の公開を迎えた成田凌と井浦新

 俳優の成田凌が17日、都内で行われた映画『ニワトリ★スター』初日舞台あいさつに登壇し、フィギュアスケート界のレジェンド・羽生結弦選手になりきったおちゃめな姿を披露しながら、精根を使いきって作り上げた本作の初日を「レジェンドにしたい」と願いを込めた。この日は、井浦新、紗羅マリー、LiLiCo、ペロンヤス、シャック、マグナム弾吉、かなた狼監督も来場した。

 本作は、男二人の友情と夢と愛がつまったバイオレンス・ラブ・ファンタジー。東京の片隅にある奇妙なアパートで共同生活を送る、くたびれた大麻の売人・草太(井浦)と、全身タトゥー&赤髪モヒカン姿の無邪気さと影を持つ若者・楽人(成田)が予測不能な事態に巻き込まれていくさまが描かれる。

 なぜか「羽生結弦です」と自己紹介し、羽生が今季のフリー演技で見せた陰陽師ポーズを披露して笑いを誘う成田。しかし、2年前の夏、体も感情も思考も時間も全てを本作に捧げた成田の胸中は感動に震えており、「やっとこの日を迎えることができました。本当に幸せです。みんな、いろんな思いを持ってこの場に立っています」と語ると、観客に「本当にありがとうございます。本当にありがとうございます」と重ねてお礼の言葉を贈った。さらに、「映画には自信があります」と胸を張ると、「今日という日を伝説に変えてください」と呼び掛けた。

 主演を務めた井浦も感無量の面持ち。かなた監督との出会いは10年ほど前で、その頃に「一緒に映画を作りたいよね。俺が作るから、お前は役者として参加してくれ」と言われたそうで、「今から上映されますから、ちょっと(胸に)来るものがありますね」としみじみ。そして、「飛べないニワトリを飛ばしてくださったのは皆さんです」と笑顔を見せると、「目を覆いたくなる、心に迫ってくるシーンもあるかもしれませんが、目をそらさず、全てを見届けてください。最後には皆さんの心の中に必ず光が残るはずです」とアピールした。

 そんな2人以上に感激しているのは、本作を原作から手掛けたかなた監督。「コンプライアンスだなんだと、表現の幅が狭くなってきているけど、この得体のしれない狭まりを押し返す作品があってもいいんじゃないか」という気概を持って本作に取り組んだことを打ち明けると、「あまり一等賞は取ったことがないけど、それを超えるような作品になった」と喜び、観客を含め、本作に携わった全ての人々に深い感謝を示していた。(取材:錦怜那)

映画『ニワトリ★スター』は全国公開中

関連記事(外部サイト)