知念侑李、男泣き…原作者の手紙に「ホッとしました」

知念侑李、男泣き…原作者の手紙に「ホッとしました」

涙を見せた知念侑李

 Hey! Say! JUMP の知念侑李が19日、都内で行われた映画『坂道のアポロン』公開御礼イベントに登壇し、原作者・小玉ユキからのサプライズ手紙に男泣きした。この日は、中川大志、小松菜奈、三木孝浩監督も感激しきりで、涙まみれのイベントとなった。

 本作は小玉の人気コミックを原作にした青春ドラマ。孤独な青年の西見薫(知念)が、転校先の高校で“札付きの不良”と恐れられる川渕千太郎(中川)、心優しいレコード屋の娘・迎律子(小松)と出会い、一生ものの友情と恋、音楽の中で、もがきながらも幸せを掴もうとする姿を描いた感動作。劇中での知念のピアノ、中川のドラム演奏も話題になっている。

 それぞれに宛てられた小玉からの手紙が代読されると、知念、小松、三木監督は思わず涙。もともと小玉は実写映画化に期待していなかったものの、知念演じる薫を見た時に「実写になった喜びを感じた」そうで、知念の入念な役づくり、現場での座長としての佇まい、クランクアップのときに感極まって泣いていたことにも触れ、「プレッシャーと戦いながらこの映画を引っ張って行ってくださったことに心から感謝します」と気持ちを伝えられると、知念の瞳は涙に濡れた。

 そして、「知念さんと薫が出会ってくれてよかった」「一生ものの素晴らしい映画をありがとうございます」と最高の謝辞を送られると、知念は「恥ずかしい。人前で泣かないって決めているタイプの人間だから」と言いつつ、こぼれる涙を指で拭い、「小玉先生に喜んでもらえたことが一番うれしくて、僕でよかったと言ってもらえて本当によかったのと、ホッとしました」とすっかり安心した笑顔を見せた。

 一方、田舎娘の律子役は「美しすぎる小松にはミスキャストなのではないか」と思っていたことを打ち明けた小玉。実は小松自身も「ミスキャストと思っていて、結構悩んで、難しいと思いながらやっていた」という。だからこそ、「実写版の律子にすっかり惚れてしまい、大好きになった」と嬉しい報告がされると、苦労が報われたことに安堵した小松は大粒の涙を流して喜んだ。

 そんなキャスト陣の頑張りを間近で見ていた監督は、言葉を詰まらせながら「本当に頑張ってくれたんですよ! 自分の想像の100倍すごい演奏シーンを撮ることができてよかったよ〜」と大声で訴えると、「この作品に出会えたことが宝物」としみじみと語った。

 さらに、本作は Hey! Say! JUMP のメンバー・山田涼介にも好評で、知念は山田が急に電話をしてきて「『本当にいい映画だった』と10分くらい映画の感想を言ってきた」と明かすと、「びっくりした」と驚きつつ、「これだけ涼介の心に届いたんだな……と思うとすごく嬉しかったです」と笑みをこぼしていた。(取材:錦怜那)

映画『坂道のアポロン』は全国公開中

関連記事(外部サイト)