『男はつらいよ』鉄道シーン一挙紹介の一冊が登場!

『男はつらいよ』鉄道シーン一挙紹介の一冊が登場!

『男はつらいよ』の電車シーンは最高です

 渥美清さん主演の山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズ全48作品の鉄道シーンに迫った書籍「寅さんの列車旅 映画『男はつらいよ』の鉄道シーンを紐解く」が、鉄道・旅・自然メディア事業を展開する株式会社天夢人から11日に刊行された。

 1969年に第1作が公開された『男はつらいよ』シリーズには、今では廃止されてしまった地方のローカル線や蒸気機関車、夜汽車などのシーンが数多くおさめられている。同書では『男はつらいよ』シリーズに登場する鉄道シーンを紹介し、鉄道という観点からの『男はつらいよ』の楽しみ方を提案する。

 また、フーテンの寅さんが旅した町や葛飾柴又など作品に登場する舞台も実際に訪れて現在の「寅さんの聖地」の様子も取材しているほか、映画から学ぶ昭和の暮らしや、詩人で哲学者な旅人・寅さん流の人生論などについても掲載している。「第1章 寅さんの人生論」「第2章 寅さんの足跡をたどる旅」「第3章 寅さんから学ぶ昭和」「第4章 寅さんが乗った昭和の鉄道」「第5章 『男はつらいよ』全作品解説」「第6章 寅さんデータファイル」という構成になっている。(編集部・海江田宗)

「寅さんの列車旅 映画『男はつらいよ』の鉄道シーンを紐解く」は発売中(1,700円+税)

関連記事(外部サイト)