『スター・ウォーズ』に出演したアーメド・ベストが悪評で自殺を考えていたことを告白

記事まとめ

  • アーメド・ベストは『スター・ウォーズ』に登場するジャー・ジャー・ビンクスを演じた
  • キャラクターへのメディアの悪評が原因で、自殺を考えていたことをTwitterで告白した
  • ライアン・ジョンソン監督やヨーダの声のフランク・オズが激励のコメントを寄せている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております