ロボコップ続編監督、初代ロボコップ俳優の再出演を希望か?

ロボコップ続編監督、初代ロボコップ俳優の再出演を希望か?

71歳のピーター・ウェラーが演じるロボコップも見てみたい! - Orion / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ロボコップ』の新作『ロボコップ・リターンズ(原題)/ RoboCop Returns』の監督を務めるニール・ブロムカンプが、現地時間13日にファンがTwitterで投稿した「次期ロボコップ役は誰が適任か」という質問に、初代ロボコップを務めたピーター・ウェラーの名前を挙げた。このやりとりが、ファンの間で話題となっている。

 この質問を投げかけたのは、ベルギー出身の人気DJ、ディミトリ・ヴェガス。彼はTwitterで「昨夜、『ロボコップ』を観返してみたんだ……未だにお気に入りの一つだよ」と1987年版の映画の写真と共にツイート。ブロムカンプ監督による新作も待ち遠しいとつづると「誰がロボコップを演じるべきかな?」とブロムカンプ監督に呼び掛けた。

 すると、ブロムカンプ監督はすぐさま「ピーター・ウェラー」と一言で返答。ディミトリも「議論する必要ないね!」と納得の様子。本作のキャストについて公式発表はされておらず、ピーターに出演オファーをしているのかどうかも不明だが、もし彼が再びロボコップを演じることになれば、ファンも大喜びの展開となりそうだ。

 ブロムカンプ監督は以前「オリジナル版が幼少期の自分に大きな影響を与えた」とDeadlineに語っており、新作も1987年版の続編として製作されることになっている。1987年版でロボコップを演じたピーターは、現在71歳。ロボコップを演じた後も『スター・トレック イントゥ・ダークネス』やテレビドラマ「HAWAII FIVE-0」などに出演しており、役者として今も活躍している。

 『ロボコップ・リターンズ(原題)』は、現在製作中の『ターミネーター』新作映画の共同脚本家ジャスティン・ローズが脚本を担当。オリジナル版の脚本を担当したエドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナーがエグゼクティブプロデューサーを務める。(編集部・倉本拓弥)

関連記事(外部サイト)