佐野勇斗、中条あやみの励ましの言葉に感謝

佐野勇斗、中条あやみの励ましの言葉に感謝

共演の中条あやみに感謝を伝えた佐野勇斗

 俳優の佐野勇斗が26日、都内で行われた映画『3D彼女 リアルガール』ハロウィーンイベントに中条あやみと共に出席。劇中で着ていたタキシード姿で登場した佐野は、中条の励ましの言葉に助けられたと感謝を述べた。

 本作は、那波マオのコミックを原作に、学校一の美少女(中条)と2次元の世界を愛するオタク男子・つっつん(佐野)の恋愛模様を描くラブコメディー。公開してから多くの感想をもらったという佐野は「僕ら世代はもちろん、大人の方々も観て感動したと言ってもらえた」ことを明かした。そして「ここまで愛した作品は初めてかもしれない」と作品への思いを口にした。

 この日は、ハロウィーンイベントと銘打って舞台あいさつが行われ、会場にはさまざまな衣装やコスプレに身を包んだ観客の姿が見受けられた。佐野は今年のハロウィーンについて、自身が所属するボーカルダンスユニットM!LKのメンバーで「ドラゴンボール」や『トイ・ストーリー』の格好をして踊りたいという願望を明かす。続けて「僕のイメージカラーがピンクなので、『トイ・ストーリー』だったらハム、『ドラゴンボール』だったら魔人ブウをやりたい」と語っていた。

 佐野が着ていたタキシードは、劇中で重要な役割を果たすもの。佐野はその場面の撮影を振り返って、気持ちが入りすぎて本番で空回りしてしまったというが、中条から「大丈夫だよ、気持ちが伝わるから」と励ましの言葉をもらったことを明かした。佐野は「そのシーンはとても大変だったのですが、ポーちゃん(中条)に助けられました」と改めて感謝を伝えた。(磯部正和)

映画『3D彼女 リアルガール』は公開中

関連記事(外部サイト)