「GOT」エミリア・クラーク、ポール・フェイグ監督の新作に出演

「GOT」エミリア・クラーク、ポール・フェイグ監督の新作に出演

エミリア・クラーク - Foc Kan / FilmMagic / Getti Images

 映画『ゴーストバスターズ』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのポール・フェイグ監督が手掛ける新作『ラスト・クリスマス(原題) / Last Christmas』で、注目の俳優ヘンリー・ゴールディングとエミリア・クラークが共演することが決定したと The Hollywood Reporter ほか複数メディアが報じている。

 本作は、ユニバーサル・ピクチャーズが企画している作品。フェイグ監督は自身の制作会社フェイグコ・エンターテインメントを通して、ジェシー・ヘンダーソンとデヴィッド・リヴィングストンと製作することになっており、脚本はエマ・トンプソンとブライオニー・キミングスが共同執筆している。詳細は明かされていないが、ロンドンを舞台にしたクリスマスのロマンス映画になるそうだ。

 そしてこの度、人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のデナーリス・ターガリエン役で知られるエミリア・クラークと、今年の夏全米で大ヒットした映画『クレイジー・リッチ!』のヘンリー・ゴールディングがキャスティングされた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

関連記事(外部サイト)