是枝裕和監督、涙のスピーチ 樹木希林さんは「パートナー」

「万引き家族」是枝裕和監督が国際映画祭で生涯功労賞 故・樹木希林氏を思い涙も

記事まとめ

  • 「万引き家族」の是枝裕和監督がスペインで生涯功労賞であるドノスティア賞を受賞した
  • アジア人初の快挙で授賞式に登壇した是枝監督、亡くなった樹木希林氏に涙する場面も
  • リリー・フランキーも登壇したサンセバスチャン国際映画祭、是枝氏はパリで新作の準備

是枝裕和監督、涙のスピーチ 樹木希林さんは「パートナー」

是枝裕和監督、涙のスピーチ 樹木希林さんは「パートナー」

アジア人初の快挙 - (C) Festival de San Sebastian. Photo Montse Castillo

 映画『万引き家族』(公開中)の是枝裕和監督が23日(現地時間、日本時間24日)、スペインで開催中の第66回サンセバスチャン国際映画祭(9月21日〜29日)で生涯功労賞にあたるドノスティア賞を受賞した。アジア人初の快挙で授賞式に登壇した是枝監督は、先日亡くなった樹木希林さんを思い、涙する場面もあった。

 スタンディングオベーションと拍手の中、トロフィーを受け取った是枝監督は、これまでの作品映像がダイジェストで流れると「この20年、自分がやってきたことをこう振り返って、特に2年前に『海よりもまだ深く』という映画で樹木希林さんとこの映画祭を訪れることができて、とても楽しい時間を過ごして。この10年、役者と監督という関係を越えて、パートナーとして映画を作ってきた方なのですが、彼女がついこの間亡くなられてちょっとそのことが、どうしても、ついよみがえってくるので、(受賞は)嬉しいのですが、ちょっと悲しくなって泣いています、ごめんなさい」と涙のスピーチ。その後登壇した主演のリリー・フランキーが、涙ぐんでいる是枝監督にハンカチを差し出し、会場は温かい拍手に包まれた。

 過去にはアル・パチーノやフランシス・フォード・コッポラなど名立たる俳優や監督が受賞してきた同賞。「歴代の偉大な受賞者の映像を見ていたら、自分がもらうのは本当に早すぎた」と緊張していた是枝監督だが、「僕はまだキャリア半分であと20年は作ろうと思っているのですが、生涯功労賞というのは生涯でたった一度だけなので2度目はないと思いますが、ちょっと早かったかもね、と言われるくらい、ここからの20年はいい映画を作って、皆さんの前に届けたい」と決意を新たにしていた。

 現在パリで新作の準備を進めている是枝監督は、同映画祭にパリから現地入り。日仏合作でカトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークらの出演も話題で、来月からクランクインする。「非常に毎日刺激的な日々を過ごしています。楽しいです」と是枝監督は充実感をのぞかせた。(編集部・小松芙未)

関連記事(外部サイト)