受け継いだら死ぬ…恐怖の『へレディタリー/継承』身の毛がよだつ予告編

トニ・コレット主演のホラー映画『へレディタリー/継承』予告公開 

記事まとめ

  • 11月公開のトニ・コレット主演ホラー映画『へレディタリー/継承』予告が公開された
  • 本作は『ムーンライト』など多くの話題作を手掛ける映画スタジオA24が製作したホラー
  • 祖母の死をきっかけに、自分たちの呪われた運命を知ることになる家族の姿を描いている

受け継いだら死ぬ…恐怖の『へレディタリー/継承』身の毛がよだつ予告編

受け継いだら死ぬ…恐怖の『へレディタリー/継承』身の毛がよだつ予告編

何なの〜、イヤァァァァア〜 - (C) 2018 Hereditary Film Productions, LLC

 トニ・コレット主演のホラー映画『へレディタリー/継承』(11月30日公開)より、ぞわっとする怖さを感じる予告編が公開された。

 本作は、アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』など数多くの話題作を手掛ける映画スタジオA24が製作したホラー。祖母の死をきっかけに、自分たちの呪われた運命を知ることになる家族の姿を描いている。

 祖母・エレンの葬儀から始まる予告編には「祖母が遺した“何か”を受け継いだら死ぬ」という強烈な一言が。“何か”とは何なのか不明のまま、暗闇の人影や不思議な光、ガラスに映った自分が怪しく微笑みかけるなどの異常な現象が家族を襲っていく。

 メガホンを取ったのは、これが長編映画監督デビューとなったアリ・アスターで、すべてのシーンがラストの恐怖への伏線となる脚本も執筆した。(編集部・小松芙未)

関連記事(外部サイト)