ブルース・ウィリス版『狼よさらば』哀愁漂う昭和レトロ風ビジュアル公開!

ブルース・ウィリス主演『デス・ウィッシュ』の画像公開 『狼よさらば』のリメイク版

記事まとめ

  • ブルース・ウィリス主演『デス・ウィッシュ』の昭和レトロ風ビジュアルが公開された
  • 本作は、チャールズ・ブロンソン氏主演の1974年公開映画『狼よさらば』のリメイク版
  • 監督は『グリーン・インフェルノ』『ホステル』などを手がけた鬼才イーライ・ロス氏

ブルース・ウィリス版『狼よさらば』哀愁漂う昭和レトロ風ビジュアル公開!

ブルース・ウィリス版『狼よさらば』哀愁漂う昭和レトロ風ビジュアル公開!

『デス・ウィッシュ』昭和レトロ風ビジュアル - (C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

 ブルース・ウィリス主演で、1974年に公開された人気アクション『狼よさらば』をリメイクした映画『デス・ウィッシュ』より、昔懐かしい昭和レトロ風ビジュアルが公開された。

 本作は、悪党に妻を殺され娘を暴行された男ポール・カージーが、自らの手で犯罪者たちを問答無用で裁いていくさまを描くアクション。1974年版ではチャールズ・ブロンソンが演じたポールを、ブルースが熱演している。

 今回のビジュアルは、劇中シーンをコラージュしてレトロなデザインに仕上げたもの。ブルース演じるポールが勇ましく銃を構える姿や、地面に這いつくばる悪党の苦悶の表情からは、昭和の任侠映画のような泥臭さが漂っている。また、“デス・ウィッシュ”と達筆で書かれたタイトルロゴも印象的。復讐に燃える男と、彼を取り巻く人間たちの関係性を見事に描いたビジュアルとなっている。

 メガホンを取るのは、『グリーン・インフェルノ』『ホステル』などのホラーから『ルイスと不思議の時計』(10月12日全国公開)といったファンタジーも手掛ける鬼才イーライ・ロス監督。彼が手掛ける本格アクション映画としても注目の作品である。(編集部・倉本拓弥)

映画『デス・ウィッシュ』は10月19日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

関連記事(外部サイト)