ノルウェーのホラー『テルマ』が米リメイク

ノルウェーのホラー『テルマ』が米リメイク

10月20日公開のノルウェー版『テルマ』 - (C) PaalAudestad / Motlys

 映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のクレイグ・ギレスピー監督が、ノルウェーの映画『テルマ』をアメリカでリメイクすることが決定したとDeadlineが報じている。

 2017年にヨアキム・トリアー監督がメガホンを取った同作を、フィルムネイション・エンターテインメントが版権を獲得して再映画化することになった。脚本は、クリスティ・ホールが担当することになっている。

 オリジナル版は、ノルウェーの自然を背景に、主人公の周りで起こる出来事の謎が少しずつ解き明かされていくホラー映画。ノルウェーの田舎町で、信心深く厳格な両親に育てられた少女テルマには幼少期の記憶がなかった。やがて成長し、オスロの大学に入学した彼女は、同級生のアンニャと初めての恋におち、敬虔な信仰心と初めて覚えた欲望に引き裂かれながら、自分の中に眠っていた“ 恐ろしい力”と向き合うことになる。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

関連記事(外部サイト)