草なぎ剛が女好きのダメな父親役『まく子』初映像

草なぎ剛、山崎光、新音、須藤理彩ら出演、西加奈子氏原作『まく子』初特報公開

記事まとめ

  • 直木賞作家・西加奈子氏原作、草なぎ剛出演の映画『まく子』の初特報が公開された
  • 本作は、転入生・コズエの秘密を知った小学5年生・慧の成長を描くヒューマンドラマ
  • 『真夏の方程式』などの山崎光が慧を演じ、慧の母・明美役を須藤理彩が務めている

草なぎ剛が女好きのダメな父親役『まく子』初映像

草なぎ剛が女好きのダメな父親役『まく子』初映像

映画『まく子』より - (C) 2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

 直木賞作家・西加奈子の同名小説を映画化し、草なぎ剛が主人公の父親を演じる『まく子』(2019年3月公開)の初映像となる特報が公開された。

 本作は小さな温泉街を舞台に、転入してきた美少女コズエの秘密を知ることで成長していく小学5年生の慧(さとし)の葛藤や親子の確執・再生を描くヒューマンドラマ。『真夏の方程式』などの山崎光が慧を演じ、新星・新音(にのん)が映画の重要な鍵を握るコズエ役に抜てき。草なぎは女好きのダメな父親だけど息子の成長を見守りそっと背中を押す光一にふんし、慧の母・明美役を須藤理彩が務めている。

 特報は子供と大人の狭間にいる慧を中心に、謎の転入生コズエや慧の父母ら家族の姿が映し出される映像。「大人の男は嫌い。うちの父ちゃんなんて最低だよ」と不快感をあらわにする慧や、煙草を手に笑顔を見せる光一、父子が向き合う姿などが登場し、ひげを生やしてどこかだらしなさが漂う草なぎの父親ぶりも気になる映像となっている。

 メガホンを取ったのは、『くじらのまち』『うつろいの標本箱』などの若手監督・鶴岡慧子。(編集部・小松芙未)

関連記事(外部サイト)