阿部サダヲ・吉岡里帆・千葉雄大が渋谷109前にサプライズ登場!

阿部サダヲ・吉岡里帆・千葉雄大が渋谷109前にサプライズ登場!

渋谷109前にサプライズで登場した阿部サダヲ&吉岡里帆&千葉雄大

 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日公開)の公開トークイベントが1日、東京・渋谷の109前スタジオで行われ、主演の阿部サダヲ、ヒロインの吉岡里帆、共演の千葉雄大が宣伝カーに乗ってサプライズで登場し、通行人らを驚かせた。

 宣伝カーを降りた阿部は「こんな渋谷のど真ん中でやるのは初めて」と若干緊張気味で、吉岡も集まってきた通行人を見回して「人が多くて笑っちゃいますね」、千葉も隣で「僕もこういうイベントは初めて。足を止めてくれる方がこんなにいるなんてびっくりします」と驚きながらも笑顔を見せた。

 壇上では「音タコ応援隊」を務めるお笑いコンビ、アルコ&ピースも加わり「最近『〇〇しろタコ!』と思ったこと」が発表され、阿部は「こないだ家電量販店で中国人の店員さんに中国語で話しかけられたんです。同じ中国人だと思われたみたいで」とプライベートでのハプニングを紹介。「日本人です。察しろって思いました」とため息をついた。

 吉岡は、このイベント会場に来るまで宣伝カーで回った渋谷の道中を思い返し「宣伝カーは派手なのに誰一人振り返ってくれなくて……少しくらい反応しろタコ!って思いました」と絶叫しながら回答。千葉は昨日の雨を振り返り「洗濯物を全部干してしまっていて、全部濡れてしまって」と話したが、これにアルコ&ピースの平子祐希が反応。

 「千葉雄大がここまで美しいと、僕らがにっころがしにしか見えない。ファンが見てなければ蹴り上げてやりたいくらい。しかもそんな美しいのに話すと洗濯ものの話とかして」と好感度狙いともとれる千葉のコメントをチクリ。千葉は余裕の表情で「全部計算でやっています」と言って笑いを誘った。

 本作はテレビドラマ「時効警察」や映画『俺俺』などの三木聡が監督・脚本を務めるロック・コメディー。ドーピングによって驚異の歌声を持つカリスマロックスター、シン(阿部)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン、ふうか(吉岡)が、“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となったシンの最後の歌声をめぐって謎の組織に追われるさまをコミカルに描く。(取材・文:名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)