ラ・ラ・ランドの監督最新作『ファースト・マン』日本公開は2019年2月8日!

『ラ・ラ・ランド』の監督最新作はニール・アームストロング氏の人生を描いた伝記映画

記事まとめ

  • 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリングと再びタッグ
  • アポロ11号の船長ニール・アームストロング氏を描く『ファースト・マン』が来年公開
  • ライアンのほかクレア・フォイ、カイル・チャンドラー、ジェイソン・クラークら出演

ラ・ラ・ランドの監督最新作『ファースト・マン』日本公開は2019年2月8日!

ラ・ラ・ランドの監督最新作『ファースト・マン』日本公開は2019年2月8日!

月面着陸に挑むアームストロングをライアンが熱演! - (c)Universal Pictures

 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリングと再びタッグを組んだ映画『ファースト・マン』の日本公開日が、2019年2月8日に決定。併せて本作の新たな場面写真が公開された。

 本作は、人類で初めて月面に立ったアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描いた伝記ドラマ。月面着陸計画という偉業を成し遂げるべく、アームストロングをはじめとするNASAのプロジェクトチームが命を懸けてミッションに挑む。

 公開された写真は、アームストロング(ライアン)が月面到達に向けて厳しい訓練に挑む姿や、妻とすごす姿を捉えたもの。訓練時でも常に死と隣り合わせにある状況に、臆することなく乗り越えていく男の姿はもちろん、彼を支える家族や仲間たちとの人間関係も見どころとなりそうだ。チャゼル監督とライアンの『ラ・ラ・ランド』コンビが生み出す、新たなヒューマンドラマに期待が高まる。先日開催された第75回ベネチア国際映画祭や第43回トロント国際映画祭でも上映され話題を呼んだ。

 主演のライアンのほか、『蜘蛛の巣を払う女』のクレア・フォイ、『キャロル』のカイル・チャンドラー、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラークらがキャストに名を連ねる。(編集部・倉本拓弥)

映画『ファースト・マン』は2019年2月8日より全国公開

関連記事(外部サイト)