劇場版『夏目友人帳』が初登場1位!岡田准一主演作は3位スタート【映画週末興行成績】

劇場版『夏目友人帳』が初登場1位を獲得 岡田准一主演の『散り椿』は3位にランクイン

記事まとめ

  • 土日2日間(9月29日〜9月30日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表された
  • 『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』が初登場1位、高良健吾がゲスト声優
  • 木村大作監督がメガホンを取り、岡田准一が主演の『散り椿』が3位にランクインした

劇場版『夏目友人帳』が初登場1位!岡田准一主演作は3位スタート【映画週末興行成績】

劇場版『夏目友人帳』が初登場1位!岡田准一主演作は3位スタート【映画週末興行成績】

『夏目友人帳』が初登場1位! - (C) 緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 土日2日間(9月29日〜9月30日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、人気コミックをアニメ化した「夏目友人帳」シリーズ初の劇場版となる『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』が初登場1位を獲得したことが明らかになった。

 本作は、幼いころから妖怪を見ることができる高校生・夏目貴志が主人公。夏目は、亡き祖母・レイコが妖怪から奪った名前を記した契約書「友人帳」を手にして以来、自称用心棒・ニャンコ先生の助けを借りながら妖怪たちに名前を返していく日々を送る。劇場版では、俳優の高良健吾がゲスト声優を務めていることでも話題となっている。

 先週まで2週連続1位だった『プーと大人になった僕』が1ランクダウン。ほか新作では『劔岳 点の記』の木村大作監督がメガホンを取り、岡田准一が主演の『散り椿』が3位に、“音を立てたら即死”という極限の恐怖を描き、全米で大ヒットを記録した『クワイエット・プレイス』が5位にランクインしている。

 また、公開15週目を迎えた『カメラを止めるな!』は7位と健闘。3週間限定公開の『HiGH&LOW』シリーズのスピンオフ映画『DTC −湯けむり純情篇− from HiGH&LOW』が公開初週で9位となった。

 今週は『あの頃、君を追いかけた』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』『あのコの、トリコ。』『イコライザー2』『フィフティ・シェイズ・フリード』『教誨師(きょうかいし)』『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』などが公開される。(編集部・梅山富美子)

【2018年9月29日〜9月30日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(初)『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』:1週目
2(1)『プーと大人になった僕』:3週目
3(初)『散り椿』:1週目
4(2)『コーヒーが冷めないうちに』:2週目
5(初)『クワイエット・プレイス』:1週目
6(3)『MEG ザ・モンスター』:4週目
7(7)『カメラを止めるな!』:15週目
8(4)『銀魂2 掟は破るためにこそある』:7週目
9(初)『DTC −湯けむり純情篇− from HiGH&LOW』:1週目
10(5)『検察側の罪人』:6週目

関連記事(外部サイト)