『銀魂2』興収35億円突破!2018年邦画実写3位の大ヒット

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」が興行収入35億円突破 小栗旬・橋本環奈ら出演

記事まとめ

  • 映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」が興行収入35億円を突破したことが発表された
  • 2018年公開の邦画実写作品としては「コード・ブルー」「万引き家族」に次ぐ大ヒット
  • 空知英秋氏の大ヒットコミックを実写化した同作、出演は小栗旬、菅田将暉、橋本環奈ら

『銀魂2』興収35億円突破!2018年邦画実写3位の大ヒット

『銀魂2』興収35億円突破!2018年邦画実写3位の大ヒット

続編も大ヒット! - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 公開中の映画銀魂2 掟は破るためにこそある』が、興行収入35億円を突破したことが発表された。2018年公開の邦画実写作品としては『劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』『万引き家族』に次ぐ3位という大ヒットを記録している。

 8月17日に公開を迎えた同作は、前作『銀魂』の初日興行収入対比159%を達成。10月1日時点で興収35億634万5,800円、観客動員269万2,281人を記録し、7週連続で全国映画動員ランキングトップ10にランクインする粘り強い興行を見せている。

 9月からは応援上映や無料アプリ「UDCast」と連携した期間限定の副音声上映も実施しており、2017年の邦画実写でNo.1に輝いた前作の興収38.4億円を超えることができるのかが注目される。

 小栗旬、菅田将暉、橋本環奈ら超豪華キャストが集結し、空知英秋の大ヒットコミックを実写化した同作。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたハイブリッドな物語が展開する。(編集部・吉田唯)

関連記事(外部サイト)