押見修造氏の代表作『惡の華』実写映画化が決定 井口昇氏が監督、脚本は岡田麿里氏

記事まとめ

  • 漫画家・押見修造氏の代表作『惡の華』の実写映画化が決定、2019年に劇場公開予定
  • 『覚悟はいいかそこの女子。』『片腕マシンガール』の井口昇監督がメガホンをとる
  • 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」など手掛けた岡田麿里氏が脚本を担当

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております