青山テルマ、ディズニー新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』日本版エンドソングを担当!

青山テルマ『シュガー・ラッシュ』日本版エンドソングに大抜擢 "夢が叶った"喜び語る

記事まとめ

  • 青山テルマが『シュガー・ラッシュ:オンライン』日本版エンドソングを担当する事に
  • ディズニー大ファンのテルマは「夢が叶った瞬間ってこういうこと」と喜びを熱く語る
  • 青山は歌詞制作にも携わり日本版の「In This Place」をアレンジした楽曲も制作した

青山テルマ、ディズニー新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』日本版エンドソングを担当!

青山テルマ、ディズニー新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』日本版エンドソングを担当!

歌詞制作にも参加! 『シュガー・ラッシュ』新作のエンドソングを担当する青山テルマ - (C)2018 Disney. All Rights Reserved

 人気歌手の青山テルマが、ディズニーの新作アニメーション『シュガー・ラッシュ:オンライン』(12月21日公開)で日本版エンドソングを担当することが明らかになった。

 本作は、ゲームの世界の住人ヴァネロペ&ラルフの友情をつづったヒット作『シュガー・ラッシュ』の新作。壊れたゲームを直すため、2人がインターネットの世界で大冒険を繰り広げる。エンドソング「In This Place」は、自由なインターネットの世界で、次第に心がすれ違いながら、それでもつながっていたいと願う2人の絆を表した楽曲だ。

 作曲は『美女と野獣』『アラジン』『リトル・マーメイド/人魚姫』などで数々の名曲を生み出してきたアラン・メンケン。本国アメリカでは、シンガーソングライターのジュリア・マイケルズが担当している。

 日本版エンドソングに大抜てきを受けた青山は、大のディズニーファン。「まさか自分がエンディングを担当させて頂ける日が来るなんて思ってもなかったですし、純粋に すごくすごく嬉しかったです。夢が叶った瞬間ってこういうことなんだ、頑張ってきてよかったなって純粋に思いました」と喜びを熱く語る。

 青山は歌詞制作にも携わり、さらに日本版の「In This Place」をアレンジした「In This Place〜2 人のキズナ」も制作。映画について「他人のことを全力で応援できるかとか、自分が大事にしていることを、この映画が表現してくれている」と絶賛しており、「いくつになっても夢を持っていることはダサくないし、前向きに生きることがどれだけ楽しいかって いうのをこの曲を通して感じてもらえたら嬉しいです」と楽曲を通して届けたい思いを明かしている。(編集部・入倉功一)

関連記事(外部サイト)