『女王陛下のお気に入り』が最多14!放送映画批評家協会賞ノミネーション発表

『女王陛下のお気に入り』が最多14!放送映画批評家協会賞ノミネーション発表

『女王陛下のお気に入り』より - (C)2018 Twentieth Century Fox

 第24回放送映画批評家協会賞のノミネーションが発表され、映画『女王陛下のお気に入り』が作品賞、監督賞を含む最多14ノミネートを獲得した。

 次いで『ブラックパンサー』が12部門、『ファースト・マン』が10部門、『メリー・ポピンズ リターンズ』『アリー/スター誕生』『バイス』が9部門でノミネートされている。

 授賞式は1月13日(現地時間)に開催される。主なノミネート結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞
『ブラックパンサー』
『ブラック・クランズマン』
『女王陛下のお気に入り』
『ファースト・マン』
『グリーンブック』
『ビール・ストリートの恋人たち』
『メリー・ポピンズ リターンズ』
『ROMA/ローマ』
『アリー/スター誕生』
『バイス』

■主演男優賞
クリスチャン・ベイル 『バイス』
ブラッドリー・クーパー 『アリー/スター誕生』
ウィレム・デフォー 『永遠の門 ゴッホの見た未来』
ライアン・ゴズリング 『ファースト・マン』
イーサン・ホーク 『ファースト・リフォームド(原題)/ First Reformed』
ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ』
ヴィゴ・モーテンセン 『グリーンブック』

■主演女優賞
ヤリッツァ・アパリシオ 『ROMA/ローマ』
エミリー・ブラント 『メリー・ポピンズ リターンズ』
グレン・クローズ 『天才作家の妻 -40年目の真実-』
トニ・コレット 『ヘレディタリー/継承』
オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』
レディー・ガガ 『アリー/スター誕生』
メリッサ・マッカーシー 『キャン・ユー・エヴァー・フォーギヴ・ミー?(原題)/ Can You Ever Forgive Me?』

■監督賞
デイミアン・チャゼル 『ファースト・マン』
ブラッドリー・クーパー 『アリー/スター誕生』
アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』
ピーター・ファレリー 『グリーンブック』
ヨルゴス・ランティモス 『女王陛下のお気に入り』
スパイク・リー 『ブラック・クランズマン』
アダム・マッケイ 『バイス』

■オリジナル脚本賞
ボー・バーナム 『エイス・グレイド(原題)/ Eighth Grade』
アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』
デボラ・デイヴィス&トニー・マクナマラ 『女王陛下のお気に入り』
アダム・マッケイ 『バイス』
ポール・シュレイダー 『ファースト・リフォームド(原題)』
ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー 『グリーンブック』
ブライアン・ウッズ、スコット・ベック、ジョン・クラシンスキー 『クワイエット・プレイス』

関連記事(外部サイト)