土屋太鳳、青春映画から卒業宣言!『春待つ僕ら』で集大成

土屋太鳳、青春映画から卒業宣言!『春待つ僕ら』で集大成

いい笑顔!土屋太鳳

 女優の土屋太鳳が15日、都内で行われた青春映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台あいさつに登壇し、青春映画からの卒業に言及した。

 2015年の朝の連続テレビ小説「まれ」でヒロインを演じた土屋。「朝ドラをやる前と後で役柄のタイプが全然違っていて、(2015年から)キラキラした青春(もの)が多くなった」という土屋は、「高校生は3年で卒業」であることから、この日のイベントでは「卒業式に参加する気分です」とあいさつした。

 「わたしも女優として3年間、制服を着させていただいて、集大成というか、卒業作品なのかなと思いながら撮影させていただいた」と同作に込めた熱い思いを打ち明けると、「その作品が無事にお届けできることは嬉しいです」と安堵の笑みをこぼした。

 そして、「今日、この観客の皆さまの景色をわたしは一生忘れません。すごくキラキラしていて美しいです。本当にうれしいです」としみじみと語ると、「パワーをいただきました。これを女優人生の栄養にして、大切に抱きしめていきたいと思います」と心を込めた。

 何をするにも一人の“ぼっち女子”美月(土屋)の運命が、バスケと仲間を愛する4人の男子との出会いにより変わっていくさまを描いた同作。イベントには、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、平川雄一朗監督も来場し、和気あいあいとした雰囲気の中で、撮影時のエピソードトークや、撮影の合間に行っていたというパーティーゲーム「ワードウルフ」を実施し、会場を盛り上げた。(取材:錦怜那)

映画『春待つ僕ら』は全国公開中

関連記事(外部サイト)