『アリー/スター誕生』最多!全米映画俳優組合賞ノミネーション

『アリー/スター誕生』最多!全米映画俳優組合賞ノミネーション

『アリー/スター誕生』 - (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 第25回全米映画俳優組合賞(SAG賞)のノミネーションが12月12日(現地時間)に発表され、映画『アリー/スター誕生』が最多4ノミネートを獲得した。

 同映画はレディー・ガガを主演に迎えたサクセスストーリー。歌手になる夢を抱きながらも、昼はウエイトレス、夜はバーで働くアリー(ガガ)が、世界的人気シンガーのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に出会ったことで、スターダムへと駆け上っていく姿を描く。

 次いで、『ブラック・クランズマン』『女王陛下のお気に入り』が3ノミネートを獲得している。

 全米映画俳優組合賞は、作品ではなく演技を評価する賞であるため作品賞という部門はなく、それに値するのがアンサンブル賞となる。授賞式は来年1月27日(現地時間)に開催される。映画部門のノミネートは以下の通り。(澤田理沙)

■主演男優賞
クリスチャン・ベイル 『バイス』
ブラッドリー・クーパー 『アリー/スター誕生』
ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ』
ヴィゴ・モーテンセン 『グリーンブック』
ジョン・デヴィッド・ワシントン『ブラック・クランズマン』

■主演女優賞
エミリー・ブラント 『メリー・ポピンズ リターンズ』
グレン・クローズ 『天才作家の妻 -40年目の真実-』
オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』
レディー・ガガ 『アリー/スター誕生』
メリッサ・マッカーシー 『キャン・ユー・エヴァー・フォーギヴ・ミー?(原題)/ Can You Ever Forgive Me?』

■助演男優賞
マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』
ティモシー・シャラメ 『ビューティフル・ボーイ(原題)』
アダム・ドライヴァー 『ブラック・クランズマン』
サム・エリオット 『アリー/スター誕生』
リチャード・E・グラント 『キャン・ユー・エヴァー・フォーギヴ・ミー?(原題)』

■助演女優賞
エイミー・アダムス 『バイス』
エミリー・ブラント 『クワイエット・プレイス』
マーゴット・ロビー 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
エマ・ストーン 『女王陛下のお気に入り』
レイチェル・ワイズ 『女王陛下のお気に入り』

■アンサンブル賞
『アリー/スター誕生』
『ブラックパンサー』
『ブラック・クランズマン』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『クレイジー・リッチ!』

関連記事(外部サイト)