岡田准一『ザ・ファブル』初映像!殺してはいけない殺し屋に

岡田准一『ザ・ファブル』初映像!殺してはいけない殺し屋に

映画『ザ・ファブル』ティザービジュアル - (C) 2019「ザ・ファブル」製作委員会

 岡田准一が主演を務める映画『ザ・ファブル』の特報映像とティザービジュアルが公開された。あわせて、公開日が2019年6月21日に決定したことも明らかになった。

 「週刊ヤングマガジン」に連載中の南勝久による人気コミックを実写映画化する本作は、すご腕の殺し屋・ファブルがボスの指令によって1年間休業し、一般人・佐藤アキラとして生活を送るというストーリーが展開。主人公のファブル/佐藤アキラ役をコミック原作映画としては初出演となる岡田が演じ、アキラの相棒役に木村文乃、ボス役に佐藤浩市、アキラが出会う一般女性役に山本美月、アキラを狙う殺し屋役には福士蒼汰。ほかにも柳楽優弥、向井理、安田顕など豪華な面々が顔を揃える。

 今回公開された特報映像では、圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・ファブルが銃をぶっ放し、華麗に相手を仕留める超絶アクションシーンが映し出されている。自らも武術や格闘技のインストラクター資格を持ち、これまでも数々の作品で高い身体能力を発揮してきた岡田がアクション全開な演技を披露している。

 同時に、映像でファブルは「殺してはいけない殺し屋」としてコミカルな一面も発揮している。一般人として普通の生活を送るというミッションのもと、チンピラに絡まれても弱いフリをしたり、初めて居酒屋に行ったり、ペットと暮らしたり、アルバイトをしたり……ごくごく普通の日常生活を送った経験がないファブルが過ごす「プロの普通」としての姿も見どころだ。

 映画のティザービジュアルも、銃を手にした岡田の頭の上にカラフルなインコが乗っているという、ギャップのある“抜けた”仕上がりになっている。(編集部・大内啓輔)

『ザ・ファブル』ストーリー

どんな相手も6秒以内に殺す──。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり……。
殺しを封じて“普通”を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
「絶対に殺してはいけない」指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか──?!

関連記事(外部サイト)