海辺で『ネバーエンディング・ストーリー』を観賞!逗子海岸映画祭今年も開催

海辺で『ネバーエンディング・ストーリー』を観賞!逗子海岸映画祭今年も開催

逗子の海、キレイだな〜

 逗子海岸でゴールデンウィーク期間中に行われている逗子海岸映画祭が、今年も開催されることが決定した。期間は、4月26日から5月6日までを予定している。

 今年で10周年を迎える同映画祭は、逗子海岸の砂浜に設営された屋外のスクリーンで映画を楽しむというもの。期間中の来場者が1万5,000人を超える人気イベントで、日替りでの飲食物の販売や、DJプレイやワークショップなど映画上映以外にもさまざまな催しが行われる。

 今年の上映作品は、名作『ネバーエンディング・ストーリー』や、ヴィム・ヴェンダース監督『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の続編となる『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』、第88回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされたブラジル発のアニメーション『父を探して』など時代を問わず国内外で話題となったもの。

 また、映画祭の第1回目に上映された竹中直人監督・主演の『サヨナラCOLOR』がアンコール上映。竹中率いる「オレンジ気分バンド」や、ピーター・バラカンがアーティストとして出演することも決定した。(編集部・梅山富美子)

逗子海岸映画祭は4月26日から5月6日まで逗子海岸で開催 開場は11時から(4月26日は15時開場)映画上映は19時から

上映作品
『ネバーエンディング・ストーリー』
『サヨナラCOLOR』
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』
『黒猫・白猫』
『父を探して』
『Play with the Earth』(CINEMA CARAVAN代表・志津野雷オリジナル作品)

関連記事(外部サイト)