映画『コンフィデンスマンJP』新予告公開&主題歌が決定!

映画『コンフィデンスマンJP』新予告が公開 主題歌はOfficial髭男dismが担当

記事まとめ

  • 映画『コンフィデンスマンJP』から主題歌が流れる新しい予告編が公開された
  • 主題歌を担当するのは本作ドラマ版と同じくOfficial髭男dismで、楽曲は「Pretender」
  • 本作には長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、竹内結子、三浦春馬が出演する

映画『コンフィデンスマンJP』新予告公開&主題歌が決定!

映画『コンフィデンスマンJP』新予告公開&主題歌が決定!

ダー子の昔の恋人が登場…!? - (C) 2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会

 長澤まさみが主演を務めた月9ドラマを映画化する『コンフィデンスマンJP』(5月17日公開)から、Official髭男dismが歌う主題歌「Pretender」が流れる新しい予告編が公開された。

 本作は、ドラマ「リーガル・ハイ」、映画『ミックス。』など数々のヒット作を手掛けてきた脚本家・古沢良太によるオリジナルドラマ「コンフィデンスマンJP」を映画化したもの。常識はずれの天才詐欺師“ダー子”(長澤)、お人好しな詐欺師“ボクちゃん”(東出昌大)、ベテラン詐欺師“リチャード”(小日向文世)ら3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)たちが、あらゆる業界を舞台に欲望にまみれた人間からお金をだまし取る痛快エンターテインメントコメディーだ。

 公開された映像では、ダー子たち3人が、香港を舞台にマフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)が持つ伝説のダイヤを騙し取ろうと計画する姿が映し出される。さらに、ダー子と恋人同士だったという詐欺師・ジェシー(三浦春馬)が現れ、ダー子を後ろからハグする場面も。映像の後半では、ダー子、ジェシー、ボクちゃんの複雑な恋愛模様も描かれる。

 また、ドラマ版に続き、映画主題歌をOfficial髭男dismが担当する。当時、インディーズアーティストとして初の月9ドラマ主題歌に起用された彼らは、自身初となる日本武道館公演を7月8日に行うことが決定している。主題歌を歌うことについて「苦悩と幸せが澄んだ色で広がっていく、そんな不思議できれいな曲が映画『コンフィデンスマンJP』とのコラボで生まれたことが本当に嬉しいです」とコメントを寄せている。(編集部・梅山富美子)

関連記事(外部サイト)