草なぎ剛、15歳・山崎光から学ぶことたくさん!再共演願う

草なぎ剛、15歳・山崎光から学ぶことたくさん!再共演願う

『まく子』主演の山崎光と草なぎ剛

 俳優の草なぎ剛が16日、都内で行われた映画『まく子』公開記念舞台あいさつに登壇し、主演を務めあげた、現在15歳の俳優・山崎光から受けた影響を明かした。共演の新音(にのん)、須藤理彩、鶴岡慧子監督も来場した。

 昨日、中学を卒業したばかりだという山崎は、約1年前のクランクインを思い返しながら、「大事な一年間でした。主演をやらせていただくことで、これからの俳優人生の糧になったと思いました」としっかりしたコメント。父親役を務めた草なぎは、「立派だね。卒業おめでとうございます」と祝福すると、「僕の方がぜんぜん年上だけど、学ぶことがたくさんあって、新音ちゃんからも学ばせていただいて……。本当に素晴らしい才能をお持ちなので、これからも一緒にお仕事が出来たらいいですね」と呼び掛けた。

 直木賞作家・西加奈子の同名小説を映画化した本作は、小さな温泉街を舞台に、大人になりたくない少年・サトシ(山崎)が、何でも撒き散らす不思議な美少女・コズエ(新音)との初恋を通して成長していく姿を描いた人間ドラマ。

 作品に因み、これから「撒いていきたいもの」を尋ねられた草なぎは、「元気とか笑いを撒いていきたいし、作品を通してたくさんの自分を残していきたい」と回答。また、元気の秘訣を問われると、「こういう場に立つことは刺激になるし、早く寝ないといけないなとか、肌荒れちゃ嫌だなと、生活が正されるので、ステージに立つことが元気の源」と打ち明けた。

 そんな草なぎは、サトシとの裸のシーンでのきっぷのよさも告白。最初は「前張り」を使用したが、「初めてで、してみたら形が合わなかった」ため、前張りなしで見えないように「いろんなテクニックを使った」という。すると須藤が「潔くいきましたよね。ギリギリまで隠すことなく」と称賛。草なぎは「そこは勝負だったので。大きさの勝負とかじゃないですよ。心の大きさ!」と得意気に話し、笑いの種を振りまいていた。(取材:錦怜那)

映画『まく子』はテアトル新宿ほか全国公開中

関連記事(外部サイト)